【MLB】大谷翔平、あわや頭部死球を間一髪回避 ヘルメットを飛ばしての絶叫に球場騒然

 

【MLB】大谷翔平、あわや頭部死球を間一髪回避 ヘルメットを飛ばしての絶叫に球場騒然
エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は24日(日本時間25日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのオークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場。初回の第1打席では、相手先発が投じた一球が頭部付近を襲ったが間一髪で回避した。

◆【実際の映像】あわや頭部死球に球場騒然…大谷翔平が絶叫とともに間一髪で“危険球”を回避したシーン

■際どい一球に球場もどよめく

前日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では3者連続となる5号を放った大谷が思わぬ危機に見舞われた。

1回裏2死走者なしで迎えた第1打席、相手先発ケン・ウォルディチャックが投じた2球目のチェンジアップがすっぽけ大谷の顔面付近に。あわや頭部死球というシーンだったが大谷は大声を出しながら間一髪で回避。球場もどよめきに包まれた。

大谷はその後、打撃妨害で出塁するが盗塁死。エンゼルスは2回終了時点で4点のリードを許し、苦しい立ち上がりとなっている。

◆【速報】大谷翔平、“頭部死球回避”&104マイル弾丸二塁打 エンゼルスは一時大逆転も…救援失敗で痛恨敗戦

◆大谷翔平、5メートル曲がるスウィーパーを投げたあのレジェンドが18勝・50本塁打と予言

◆大炎上続く藤浪晋太郎は先発剥奪決定、指揮官は「自信を取り戻して」と復活に期待

文●SPREAD編集部

Advertisement