Advertisement

【MLB】大谷翔平、藤浪晋太郎撃ちで166キロ強烈打 チームに9点目もたらす

 

【MLB】大谷翔平、藤浪晋太郎撃ちで166キロ強烈打 チームに9点目もたらす
エンゼルス・大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は26日(日本時間27日)、敵地エンゼル・スタジアムで行われたオークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場。6回に藤浪晋太郎との対戦が実現し、レフト前ヒットを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、大谷翔平、藤浪晋太郎撃ちで166キロ強烈打

■4打席目に対戦が実現

ここまで3打数ノーヒットに終わっていた大谷。第4打席に同学年の藤浪との対戦が実現した。

6回1死一塁で迎えた第4打席、大谷は藤浪の投じた3球目の速球を捉えると、ボールはレフト前へのヒットに。レフトが後逸する間に一塁ランナーのマイク・トラウトが生還し、9点目のホームを踏んだ。打球速度103.0マイル(166キロ)だった。

中継ぎに配置転換となった藤浪は、味方のエラーで1点を失ったが、2回を投げこの失点のみとしている。

試合は7回終了時、9-3でエンゼルスがリードしている。

◆【速報】大谷翔平、3試合ぶり167キロ6号2ランに「センターへ一直線だ」と実況も絶叫 藤浪晋太郎撃ちも披露しエ軍快勝

◆大谷翔平、“頭部死球回避”&104マイル弾丸二塁打 エンゼルスは一時大逆転も…救援失敗で痛恨敗戦

◆大谷翔平、5メートル曲がるスウィーパーを投げたあのレジェンドが18勝・50本塁打と予言

Advertisement


文●SPREAD編集部