Advertisement

【RIZIN】「負けたけど、負けてない」平本蓮、元王者・斎藤裕戦の敗因は「MMAをやりすぎた」

 

【RIZIN】「負けたけど、負けてない」平本蓮、元王者・斎藤裕戦の敗因は「MMAをやりすぎた」
平本蓮(撮影:SPREAD編集部)

FEDELTA presents RIZIN LANDMARK 5 in YOYOGI」は29日、国立代々木競技場 第一体育館で開催され、ダブルメインイベントの一つ第8試合「斎藤裕 vs. 平本蓮」は、斎藤が判定2-1で勝利。敗れた平本が試合後の記者会見に臨んだ。

◆「勝ったけど、勝ってない」朝倉未来、クレベル・コイケに再戦要求 平本蓮には「メリットがない」

■斎藤相手の惜敗を振り返る

緑のガウンをまとって会場に登場した平本は、試合後とは思えないほど綺麗な顔を見せ、時おり笑顔を見せた。

まず平本は「ダメージでポイントを取っていると勘違いした」と敗因に言及し、続けて「MMAをやりすぎた。もっと自分のボクシングを信じればよかった」と、タックルを繰り返してきた斎藤に真っ向で組んだ点を反省した。

しかし、「負けたけど、負けてないっす」と“平本節”を出し、「もっと被弾覚悟でやってよかった。いい経験だったと思います」と冷静に試合を分析した。

最後に「オレは必ず復活するのでついてきてほしい」とファンへ向けメッセージを送り、会場を後にした。

◆「平本蓮はもっと強くなる」斎藤裕、約2年ぶりの勝利を噛みしめる 「次は1年後でいいかな」と安堵

◆「勝ったけど、勝ってない」朝倉未来、クレベル・コイケに再戦要求 平本蓮には「メリットがない」

◆梅野源治、会場外での“男気披露”が大盛況 募金活動参加で「梅の里」再生をアピール

Advertisement


文●SPREAD編集部