Advertisement

【MLB】ダルビッシュ有が挑戦する標高2,200メートルの“超打者天国” メキシコシティで初先発

 

【MLB】ダルビッシュ有が挑戦する標高2,200メートルの“超打者天国” メキシコシティで初先発
サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有(C) Getty Images

29日(日本時間30日)から2日間にわたり、メキシコでMLB公式戦が開催。サンディエゴ・パドレスが先勝して迎えるサンフランシスコ・ジャイアンツとの第2戦、ダルビッシュ有がキャリア初となるメキシコでの登板に臨む。

◆大谷翔平、今季2度目の猛打賞に再び“1イニング2盗塁” 打率も.292に急上昇

■第1戦は11本塁打が飛び交う乱打戦に

首都メキシコシティでの初戦は乱打戦に(C)MLB

試合が行われる首都メキシコシティは標高2,250メートル、富士山で言えば五合目あたりに位置する。コロラド・ロッキーズの本拠地「クアーズ・フィールド」よりもさらに600メートルほど高地にあるため、ピッチャーは打球が飛びやすく、変化球も曲がりにくい“超打者天国”での登板に挑まなければならない。

初戦は両チーム合わせて30安打27得点、11本塁打が飛び交うノーガードの乱打戦となった。ダルビッシュはここまで4試合に先発し1勝2敗、防御率3.00。フライボールを打たせるタイプではないが、思わぬ長打を浴びる場面もあるだろう。

試合は、日本時間の午前5時5分にプレーボール。大型連休真っ只中、メキシコのみならず、早起きする日本のファンも熱狂できる好ゲームを期待したい。

◆大谷翔平が見せた今季“最遅”フォーシーム、二刀流を支える大胆不敵な投球術

◆菊池雄星、快進撃 6回無失点で開幕から無傷の4連勝 ハーラー2位タイ

◆大炎上続く藤浪晋太郎は先発剥奪決定、指揮官は「自信を取り戻して」と復活に期待

Advertisement


文●SPREAD編集部