Advertisement

【RIZIN.42】山本アーセン“涙の復帰戦勝利”など前半戦ハイライト 後半は朝倉海、安保瑠輝也、カズ次男・三浦孝太ら登場

 

【RIZIN.42】山本アーセン“涙の復帰戦勝利”など前半戦ハイライト 後半は朝倉海、安保瑠輝也、カズ次男・三浦孝太ら登場
山本アーセン(C)RIZIN FF

RIZIN.42」が6日、東京・有明アリーナで開催され、第6試合「佐々木憂流迦 vs. ボイド・アレン」までが終了した。

第6試合までのハイライト、本日この後の対戦カードを紹介する。

◆【速報更新中】「朝倉海 vs. 元谷友貴」「井上直樹 vs. アーチュレッタ」5月6日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■初参戦→KO勝利も続々

第6試合までの結果は以下の通り。

第1試合 城戸康裕● vs. ○木村“ケルベロス”颯太(判定3-0)

第2試合 ラマザン・テミロフ○ vs. ●浜本“キャット”雄大(1R、TKO)

第3試合 山本琢也● vs. ○横山武司(1R、S、アームバー)

第4試合 伊藤裕樹● vs. ○山本アーセン(判定3-0)

第5試合 岸本篤史● vs. ○ビクター・コレスニック(2R、TKO)

Advertisement


第6試合 佐々木憂流迦○ vs. ●ボイド・アレン(判定3-0)

会場にインパクトを残したのがRIZIN初参戦となったファイター達だ。テミロフが強烈な左から怒涛のパウンドでTKO勝ちを収めれば、続く試合では横山武司が自慢の柔術で1ラウンド1分24秒・一本勝ちと存在感をアピール。岸本篤史と対戦したロシア出身のコレスニックは、重いカーフキックを連発し完勝した。

また、久々のRIZIN参戦となった山本アーセンは闘志溢れるファイトで3ラウンド通じて持ち味を発揮。試合を完全に支配して判定勝利。佐々木憂流迦も判定で2年5カ月ぶりの勝利を収めた。

なお、この後は第7試合「芦田崇宏 vs. 摩嶋一整」、第8試合「ジョン・ドッドソン vs. 竿本樹生」に続き、第9試合には“キングカズ”ことサッカー・三浦知良の次男でRIZIN2戦2勝の三浦孝太と、「THE MATCH 2022」で芦澤竜誠に1ラウンドKO勝ちしたYA-MANが対戦。

その後、休憩を挟み、第10試合では元K-1王者で2月の「BreakingDown」に電撃参戦した安保瑠輝也が、「K-1 WORLD MAX」優勝2回のムエタイ世界王者ブアカーオ・バンチャメークと激突する。

第11試合「ホベルト・サトシ・ソウザ vs. スパイク・カーライル」、第12試合「井上直樹 vs. フアン・アーチュレッタ」と、Bellatorトップファイターが登場し、メインイベントは2021年大晦日「RIZIN.33」以来となる朝倉海が、現在5連勝中と勢いに乗る元谷友貴を相手に復帰戦へ臨む。

◆【RIZIN.42】キングカズ次男・三浦孝太、デビュー3戦目で涙の初黒星 YA-MANの“強烈”ラッシュに崩れ落ちる

Advertisement


◆【RIZIN.42】フェザー級に“超新星”横山武司、秒殺一本でMMA5戦無敗 「牛久先輩ができなかったことをやった」

◆【RIZIN/勝敗予想】朝倉海、宣言通り「KO勝ち」は実現するのか “未来との共通点”で元谷友貴の連勝ストップかける

文●SPREAD編集部