Advertisement

【MLB】エンゼルス、首位攻防戦でまさかの幕切れサヨナラ勝ち 大谷翔平は5タコ

 

【MLB】エンゼルス、首位攻防戦でまさかの幕切れサヨナラ勝ち 大谷翔平は5タコ
エンゼルスの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は5日(日本時間6日)、本拠地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に「3番DH」で先発出場。5打数無安打に終わり、連続試合ヒットも7で止まった。チームは10回の裏にレンジャーズ、ジョシュ・スボーツの暴投で5-4のサヨナラ勝ち。西地区首位攻防戦初戦を制した。

◆【実際の映像】ア・リーグ首位攻防戦は、まさかのサヨナラ幕切れ

■土壇場での同点劇から

4連勝と西地区首位のレンジャーズに1ゲーム差に迫ったエンゼルス。本拠地で連勝すれば、プレーオフの希望も見える首位攻防戦となった。

3回、レンジャーズのアドリス・ガルシアの犠牲フライで先制されると、4回にもマーカス・セミエンの二塁打などで加点され、終始試合をリードされる。エンゼルスは8回、マイク・トラウトがタイムリーを放ち1点を加え、続く大谷に期待がかかったが、あえなくセカンドゴロに倒れた。

しかし、エンゼルスは1-4と敗色濃厚の9回裏、チャド・ウォラックのツーベース、ルイス・レンヒフォのセンター前ヒットにより土壇場で同点に追いつく。

さらに同点まま迎えた10回裏、タイブレークの無死二塁から先頭のトラウトは申告敬遠。無死一、二塁の絶好機に大谷はまたもセカンド・ゴロに倒れる。だが、二塁フォースアウトによりランナーが入れ変わり一死、一、三塁。

5番のアンソニー・レンドンを迎えたところで、レンジャーズはピッチャーをスボーツにスイッチ。ここで初球のスライダーがワイルド・ピッチとなり、ネトーが三塁より生還。エンゼルスがまさかのサヨナラ勝ちを飾った。

これで首位レンジャーズと2位エンゼルスのゲーム差はなくなった。

大谷はこの日、5打数無安打で、打率も3割を下回り.295。

Advertisement


◆大谷翔平、7試合連続182キロ・ロケット打 猛打爆発11得点でエ軍4連勝

◆大谷翔平、復帰3年で最高のスタート 7本塁打に4勝無敗で防御率は驚異の1.85 MVPにサイ・ヤング賞も視界に

◆明暗分かれた日本人投手、4月の通信簿 大谷翔平はサイヤング賞も射程圏内の好投

文●SPREAD編集部