【女子ゴルフ】吉田優利が単独首位守る、2打差にリ・ハナ ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ3日目

 

【女子ゴルフ】吉田優利が単独首位守る、2打差にリ・ハナ ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ3日目
今季サロンパスカップでメジャー初Vを飾った吉田優利(C)Getty Images

女子ゴルフの国内メジャー第1戦・ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(茨城県・茨城ゴルフ倶楽部 西コース / 6780ヤード、パー72)は6日、第3ラウンドを行い、吉田優利が1バーディ、5ボギーの76、通算イーブンパーで辛くも単独首位を守った。2打差2オーバー2位にリ・ハナ(韓国)が続いている。

◆【実際の映像】吉田優利、バーディーフィニッシュに繋げた18番の会心セカンドショット

■吉田とリの我慢比べは最後までもつれる

難しいメジャーセッティングに加えて、日ごとに風が強まり、最も厳しいコンディションとなった3日目。

グリーンにキャリーで落とすと、止まらず奥にこぼれる。グリーンが速いのでアプローチも寄せ切れない。長めのパットをなんとかねじ込んでパーセーブできれば御の字。そのとおりにマネジメントできず、選手はじりじりとスコアを落としていく。まさに我慢比べのラウンドとなった。

2位と4打差の4アンダー単独首位で出た吉田は、1番で2打目をグリーン奥に外し、ボギーが先行。2番から6番までパーでしのぐも、7番で3オン2パットのボギー。9番はティーショットを右の林に入れ、ここも3オン2パットのボギーとしてしまう。

一方、イーブンパー2位タイで出たは、1番から7番までパーを並べる。迎えた8番パー3、ティーショットをピン手前約2メートルのグリーンカラーに。これを沈めて今日最初のバーディ。続く9番、2打目をグリーン手前ラフまで運び、ここからチップイン・バーディを決めてみせた。この時点で4打差をひっくり返し、リが単独首位に立った。

バックナインに入って流れが変わる。リが11番、13番でボギー。吉田も13番ボギーとし、ついにアンダーパーの選手がいなくなる。リは14番もボギーで、再び吉田が単独首位に。

15番パー3、今度は吉田がボギーをたたき、決勝進出61人すべてがオーバーパーとなる。リは16番ボギーとするも、17番この日2つ目のチップイン・バーディで、またしても吉田に追いつく。

最終18番、吉田は2打目をピン手前2メートルにつけ、これを読み切り、ようやくこの日最初、値千金のバーディ。ただ一人イーブンパーとして単独首位を守った。リはパーパットをカップに蹴られボギー。2打差で最終日最終組を迎えることになる。

Advertisement


最終日は雨の予報。これまで3日間とは明らかに異なるコンディションが選手たちを待ち受けるだろう。吉田、リのほか、3日目8番でホールインワンを達成した申ジエ(韓国)、メジャー初制覇を目指す上田桃子、小祝さくらといった実力者が上位につけるだけに、最後まで予測不能の戦いとなりそうだ。

■主な上位選手順位

上位選手の主な順位は以下の通り。

1位 / イーブンパー / 吉田優利
2位 / 2オーバー / リ・ハナ(韓国)
3位タイ / 4オーバー / 佐久間朱莉、申ジエ(韓国)、上田桃子、小祝さくら
7位 / 5オーバー / 金澤志奈
8位タイ / 6オーバー / 鈴木愛、イ・ソミ(韓国)
10位タイ / 7オーバー / 櫻井心那、桑木志帆、キム・スジ(韓国)、森田遥

ディフェンディング・チャンピオンの山下美夢有は8オーバー14位タイにつけている。

◆【実際の映像】吉田優利、バーディーフィニッシュに繋げた18番の会心セカンドショット

◆“飛ばなくても強い”古江彩佳の秘訣 データから見えた崩れないゴルフの奥深さ

◆畑岡奈紗、古江彩佳、笹生優花、渋野日向子の“歴代最強”メンバー集結 5年ぶりの国別対抗戦で初優勝へ

Advertisement


文●河野道久