【MLB】大谷翔平、最速162キロで7回7奪三振3失点の粘投も5勝目ならず 

 

【MLB】大谷翔平、最速162キロで7回7奪三振3失点の粘投も5勝目ならず 
7回3失点と粘りの投球を見せるも、初黒星を喫した大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は9日(日本時間10日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番DH・投手」で先発出場。7回を6安打7奪三振3失点の好投を見せるも、打線の援護なく今季5勝目とはならなかった。

◆【実際の映像】ピッチング・ニンジャも驚愕、50センチ動くシンカーで7つ目の三振

■5回に連打を許すも、その後は好投

前回登板3日(同4日)のセントルイス・カージナルス戦では4失点で5勝目を逃すも、5回で13個の奪三振ショーを見せた大谷。この試合でも、初回先頭のマウリシオ・デュボンから空振り三振を奪い、上々の立ち上がりを見せる。

2回以降も危なげない投球を続けるも、1点リードで迎えた5回表に崩れ、元女房役のマーティン・マルドナードに逆転2ランを許すなど4連打を浴びて3失点。その後は立ち直り、7回まで粘りの投球で反撃を待った。

大谷は7回をもって降板。103球(ストライク73球)を投げ、6安打7奪三振2四死球3失点の投球で防御率は2.74。今季5勝目ならず。最速は5回表のピンチでカイル・タッカーを打ち取った、100.6マイル(約161.9キロ)だった。

打っては、ここまで2打数でヒットなし。打率.296。

試合は7回終了時、エンゼルスが1-3でリードを許している。

◆【実際の映像】期待のルーキー、ネトーのメジャー初本塁打でエンゼルス先制

◆公式サイトが大谷翔平をア・リーグMVPレースのトップに選出 「序盤だが候補はすでに明白」

Advertisement


◆大谷翔平、5メートル曲がるスウィーパーを投げたあのレジェンドが18勝・50本塁打と予言

文●SPREAD編集部