Advertisement

【MLB】藤浪晋太郎、メジャー初勝利に大歓喜 最下位独走チームの“希望”ルッカ―が逆転サヨナラ打

 

【MLB】藤浪晋太郎、メジャー初勝利に大歓喜 最下位独走チームの“希望”ルッカ―が逆転サヨナラ打
藤浪晋太郎(C) Getty Images

オークランド・アスレチックス藤浪晋太郎は12日(日本時間13日)、本拠地でのテキサス・レンジャーズ戦で、延長10回表に7番手としてマウンドに上がり、2/3回を無失点の好投。チームが逆転サヨナラ勝ちを果たし、嬉しいメジャー初勝利が転がり込んだ。

◆【実際の動画】笑顔で歓喜の輪に加わる藤浪晋太郎、主砲ルッカーがキャリア初サヨナラ打

■荒れ球も、好救援で掴んだ貴重な初白星

5月13日の藤浪晋太郎・投球データ(C)MLB

藤浪は2点ビハインドの延長10回表1死に、7番手で登板。課題の制球難も顔を覗かせたが、ロビー・グロスマンから見逃し三振を奪うなど、無安打無失点の好投を見せた。

アスレチックスは10回裏、エステウリー・ルイーズの適時打で1点差に迫ると、主砲ブレント・ルッカーが3ランを放って逆転サヨナラ勝ち。昨季オフにウェーバー経由で加入したルッカーは現在、MLBトップのOPS.1,101をマーク。低迷するチームの数少ない“希望”が、藤浪に嬉しい初白星をもたらした。

ここまでアスレチックスは9勝31敗と、ア・リーグ西地区でダントツの最下位。ラスベガスへのチーム移転が現実的で、観客数も激減。選手、関係者ともモチベーション維持が難しい中で試合を続けている。藤浪も開幕から結果が残せず、リリーフへ配置転換となったが、この1勝を先発復帰への足がかりにしたいところだ。

◆ラーズ・ヌートバー、吉田正尚との“侍対決第1ラウンド”で値千金同点打 マルチ安打で打率は.302に上昇

◆吉田正尚、ヌートバーとの“侍ジャパン対決”で二塁打競演 今季14度目マルチで打率.306、復調アピール

◆米メディアがアニメ『偉大なる大谷翔平』ユニコーンの旅路オンエアへ予告編公開

Advertisement


文●SPREAD編集部