【MLB】WBC効果か、異例の観客動員110万人増 WS進出フィリーズは1試合平均1万2,000人超アップ

 

Advertisement

【MLB】WBC効果か、異例の観客動員110万人増 WS進出フィリーズは1試合平均1万2,000人超アップ
フィリーズでも屈指の人気を誇る、主砲ブライス・ハーパー(C)ロイター/USA TODAY Sports

パンデミックを乗り越え、日常を取り戻したMLBの観客動員数が好調だ。

データサイト「Baseball Reference」によると、16日(日本時間17日)現在、全球団合計で110万人以上も増加。米国でWBCが過去最高の盛り上がりを見せ、MLBの視聴者数アップにも一役買っていると聞く。

◆【実際の映像】見渡す限りの空席に衝撃、アスレチックス本拠地オークランド・コロシアム

■アスレチックスは、2025年にラスベガス移転へ

MLB観客動員数比較(5月16日現在) 「baseball-reference」参照の上、作成 ※各球団試合数はどちらも同じ

とりわけ数字を伸ばしているのが、昨季ワールド・シリーズ進出を果たしたフィラデルフィア・フィリーズで、1試合平均およそ1万2,000人増加。ワイルドカードから頂上決戦まで駆け上がった勢いは凄まじく、過激で知られるフィラデルフィアのファンをも魅了した。

Advertisement


そのほかポストシーズンを賑わせた、トロント・ブルージェイズシアトル・マリナーズクリーブランド・ガーディアンズなども平均6,000人前後の増加傾向。今季開幕から絶好調のタンパベイ・レイズも数字を伸ばしており、スモールマーケットのチームでも「勝てば増える」は多少なりとも期待できるようだ。

一方で、10勝34敗と全球団ダントツの最下位を独走するオークランド・アスレチックスは、昨季に引き続き、1試合平均の観客数がMLBで唯一1万人を割っている。15日(同16日)の試合では、2,064人という驚きの数字が発表された。

アスレチックスは同日、ネバダ州ラスベガスへの本拠地移転に向け、米カジノ会社と新球場建設で合意。AP通信によると、現在の本拠地オークランドでプレーするのは2024年まで。25、26年はラスベガスにある傘下の3Aチームの球場を利用し、27年からの開場を目指すという。

Advertisement


かつて、カナダの不人気球団モントリオール・エクスポズが、現在のワシントン・ナショナルズになりワールドシリーズを制したように、本拠地移転が大きな転機となるケースも珍しくない。アスレチックスにとって、起死回生の一手になるだろうか。

◆吉田正尚、“殊勲”のロケット長打2本 指揮官は「良い仕事、良い打席を積み重ねた」とご満悦

◆鈴木誠也、9回2死から意地の3号2ラン チーム4連敗もマルチ安打、直近打率3割越えで完全復活か

◆大谷翔平の“一発病” 5勝目もスイーパー修正へ、指揮官は擁護「投げることに不安はない」

文●有賀博之(SPREAD編集部)

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement

  • 【WBC】ジャーニー『セパレイト・ウェイズ』をテーマ曲に使い続けるTBSの英語ボケ 100件のビュー
  • 【センバツ】第95回大会でレフトゴロの珍事 「甲子園で安打」の夢を消し去った“痛恨”の走塁ミス 100件のビュー
  • 【MLB】60本塁打も可能な、大谷翔平の移籍先候補 二刀流に及ぼす本拠地球場のアドバンテージ 100件のビュー