Advertisement

【今週の決戦】楽天、最下位脱出のキーマンは山﨑剛 ロッテ・安田尚憲との“好相性対決”の行方は……

 

【今週の決戦】楽天、最下位脱出のキーマンは山﨑剛 ロッテ・安田尚憲との“好相性対決”の行方は……

東北楽天ゴールデンイーグルス千葉ロッテマリーンズの3連戦が楽天モバイルパークで行われる。

楽天はここまで15勝21敗1分の最下位。対するロッテは、前カードのオリックス3連戦を2勝1分けで首位奪取に成功し、ここまで21勝14敗2分け。今季の対戦成績でロッテが3勝2敗とリードする中での対戦となる。

◆「監督としては助かる」は本当か、クリーンナップの送りバントに物申す

■どちらが“相性の良さ”を発揮できるか

楽天での期待は、山﨑剛だ。

プロ6年目の今季、開幕からショートの定位置を掴み、ここまで37試合に出場し、打率.252、2本塁打、10打点で7盗塁をマーク。当初は下位打線に座っていたが、徐々に1番での起用も増え、目下4試合連続「1番ショート」で出場し、16日のソフトバンク戦では今季2号本塁打も放った。今季のロッテ戦は5試合で打率.400をマーク。最下位脱出へのキーマンになる。

一方、ロッテで注目したいのが、安田尚憲だ。

プロ6年目の今季、ここまで32試合に出場して打率.275、2本塁打、9打点。ドラフト1位入団のスラッガーとしては物足りなさがあるが、直近5試合は全試合でヒットを放ち、19打数7安打の打率.368の好成績を残している。さらに推したい理由が、楽天との相性の良さ。昨季の楽天戦(20試合)で打率.355、3本塁打、11打点をマークすると、今季の楽天戦5試合でも打率.400、1本塁打、4打点と当たっている。

現状、首位と最下位の対戦となるが、両チームのゲーム差は6.5と、まだまだ十分に逆転可能な距離にある。その中で「山﨑 vs. 安田」、どちらが“相性の良さ”を発揮できるかに注目だ。

◆「悔やまれる初球の直球」は本当か… 野球の本質を捉えていない評論家の的外れなバッテリー批判に思う

Advertisement


◆大谷翔平に続く”二刀流”の潮目は本当に定着するのか 挑戦者をリスト・アップ

◆絶滅危惧種の“サブマリン” 侍ジャパンからも姿を消したアンダースローの系譜を継ぐ者はこの3選手

提供●Baseball Times