【女子ゴルフ】岩井明愛が暫定首位、悪天候のためサスペンデッド ブリヂストンレディスオープン2日目

 

【女子ゴルフ】岩井明愛が暫定首位、悪天候のためサスペンデッド ブリヂストンレディスオープン2日目
岩井明愛(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第12戦・ブリヂストンレディスオープン(愛知県・中京ゴルフ倶楽部 石野コース / 6573ヤード、パー71)は19日、第2ラウンドが行われたが、降雨によるコースコンディション不良のため、サスペンデッドとなった。これにより岩井明愛が7アンダーで暫定首位。2打差5アンダーに鈴木愛リ・ハナ(韓国)がつけている。

◆“今週は姉の番” タフなコースにハマる岩井明愛の「攻めゴルフ」 ブリヂストンレディスオープン

■午後スタートの上位陣はスコアメークに苦しむ

前日とは打って変わって、時間とともに雨脚が強まるタフなコンディション。午後スタートの上位陣はいずれもスコアメークに苦労した。

単独首位7アンダーでスタートした岩井ツインズの姉・明愛は、1番バーディ発進を決めるも、2番、5番とボギー。6番パー5で取り返し、10番までプレーを終えてイーブン。暫定だが、7アンダーで首位をキープした。

2位で出たリ・ハナ(5番終了)、3位で出た山下美夢有(8番終了)は、ともに1オーバーとスコアを落とした。

この日、上位に食い込んできたのが、午前スタート組の鈴木と小祝さくら

トップと6打差1アンダーで初日を終えた2人。鈴木は4バーディ、ノーボギーの67と、現時点でのベストスコアをマーク。鈴木は「ノーボギーで回れたのは奇跡。たくさんガッツパーもありました」と振り返った。

一方の小祝は4バーディ、1ボギーの68で回った。「すごい雨の中、ナイスプレーができて良かったです。難しいホールをしっかりパーでしのげたのが大きかったですけど、ショットもいい感じでバーディチャンスを多くつくることができました」と自己分析した。

明日、第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われるが、快晴で風も弱い予想が出ているため、カットラインも含め、各選手がどこまで伸ばしてくるのか、なかなか読みづらい。言い換えれば、それだけに興味の尽きない、注目のムービングデーとなりそうだ。

Advertisement


■主な上位選手暫定順位

上位選手の主な暫定順位は以下の通り。

1位 / 7アンダー / 岩井明愛
2位タイ / 5アンダー / 鈴木愛、リ・ハナ(韓国)
4位タイ / 4アンダー / 小祝さくら、山下美夢有
6位タイ / 3アンダー / 川岸史果、桑木志帆、福田真未
9位タイ / 2アンダー / 菊地絵理香、菅沼菜々、P.サイパン(タイ)、岩井千怜、佐久間朱莉、竹田麗央、蛭田みな美、ペ・ソンウ(韓国)、サイ・ペイイン(台湾)、ささきしょうこ、櫻井心那

◆稲見萌寧、ツアー新記録達成コースで復活のきっかけをつかむか ブリヂストンレディスオープン

◆稲見萌寧、好きなコースで変貌・復調あるか ブリヂストンレディスオープン展望

◆岩井千怜、双子姉妹と昨季女王の巴戦制す RKB×三井松島レディス最終日

文●河野道久