Advertisement

【LPGA】マッチプレーでみせる古江彩佳の真骨頂、崩れないゴルフでリベンジへ バンク・オブ・ホープ・マッチプレー

 

【LPGA】マッチプレーでみせる古江彩佳の真骨頂、崩れないゴルフでリベンジへ バンク・オブ・ホープ・マッチプレー
古江彩佳の粘り強さが生きるか (C) Getty Images

LPGAツアー「バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー」が、ネバダ州のシャドークリーク(6804ヤード、パー72)で現地時間24日(日本時間25日)に開幕する。

本大会は64名の選手で争われるLPGA唯一のマッチプレー。5日間にわたる大会のうち最初の3日間は、1グループ4人からなら16グループで総当たり戦が行われる。各グループ上位1名が、残りの2日間で勝ち上がり方式のマッチプレーを行い、優勝者を決める。

昨年はツアールーキーとして挑んだ古江彩佳が、決勝戦でチ・ウンヒ(韓国)に2ホールを残して3ダウンで敗れ、当時米ツアー自己最高の2位となった。

今年も日本からは、そのリベンジに燃える古江が出場予定。相性の良い大会で古江の今季初優勝はあるのか。昨年の結果や今季のスタッツから優勝の可能性を探っていく。

◆“飛ばなくても強い”古江彩佳の秘訣 データから見えた崩れないゴルフの奥深さ

■マッチプレーで光る古江らしさ

古江の昨年の同大会を見ると、得意とするアプローチやパットといったショートゲームがマッチプレーでの強さに繋がっていることが分かる。

ジョディ・ユワート・シャドフ(イギリス)との準々決勝では、前半9ホールで4ダウンとしたが、その後は取り返し18番で追いつくことに成功。サドンデスのプレーオフ4ホール目で、8mのパーパットをねじ込み勝利した。

リリア・ヴ(アメリカ)との準決勝では、強風が吹く難コンディションの中、得意のショートゲームで大崩れすることなく相手を追い詰め、1ホールを残して2アップで古江が勝利した。

古江の今季スタッツを見ると、パッティングの貢献度を測る「ストロークゲインド・パッティング」では1.210(4位)と、グリーン上での強さが光る。また飛距離の出ない古江が距離の長いLPGAツアーで、平均スコアが70.53(23位)と安定しているのは、グリーン周りのアプローチとパッティングがかみ合っていることにも繋がる。

Advertisement


古江の崩れないゴルフはマッチプレーで相当なプレッシャーを与え続けることになるだろう。対戦相手にとってこれほど嫌な選手はいないはずだ。今年も古江らしさ全開で、昨年のリベンジに期待したい。

◆LPGAツアー初挑戦の西村優菜 「データ分析を今後の強みにしていきたい」とシード獲得を誓う

◆山下美夢有が7打差の独走劇、今季2勝目を飾る ブリヂストンレディスオープン最終日

◆山下美夢有が単独首位、2打差に鈴木愛、岩井明愛 ブリヂストンレディスオープン3日目

文●SPREAD編集部