Advertisement

【日本ダービー/危険な人気馬】巻き返し狙う重賞馬は“消し” 「2つの不安要素」で妙味を感じない

 

【日本ダービー/危険な人気馬】巻き返し狙う重賞馬は“消し” 「2つの不安要素」で妙味を感じない

今週はいよいよ競馬の祭典・第90回日本ダービー(GI、芝2400m)。今年はクラシック二冠を目指すソールオリエンスが主役の1頭。これに待ったをかけるのが、タスティエーラファントムシーフといった、雪辱を期す皐月賞敗戦組。加えて、青葉賞を制して勢いに乗るスキルヴィングや、京都新聞杯を制したサトノグランツなど、別路線組からも有力馬が揃い、頂点を目指す激しい戦いが期待される。

そんな中、皐月賞3着から巻き返しを期すファントムシーフが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【日本ダービー2023予想/穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”前後の刺客 「三重苦だった前走からガラリ一変」

■ダービーで上位に来ない、臨戦過程と血統背景

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

皐月賞では1番人気に支持されたファントムシーフだったが、ソールオリエンスから0秒5差の3着に完敗。しかし、レースでは向正面で落鉄してしまい、重馬場で思うような力を発揮できなかった面も大きい。まともなら、勝ち馬と着差ほどの力差はないように思え、今回も有力馬の1頭に数えられるだろう。

2走前の共同通信杯では、好位から抜け出す強い勝ち方を見せており、東京コースに変わるのはマイナス材料ではなく、日本ダービーでの逆転を狙いたい同馬だが、この共同通信杯が、意外と日本ダービーとの関連性は薄い。

近年、皐月賞においては、共同通信杯組が多く活躍しており、過去10年の同レース勝ち馬から、2014年イスラボニータ、16年ディーマジェスティ、21年エフフォーリアと、3頭が皐月賞馬に輝いた。一方、2015年ドゥラメンテや、21年シャフリヤールなど、共同通信杯で敗れた馬が、のちに日本ダービーを制している例はあるものの、共同通信杯を制覇した馬で日本ダービーも制したのは、01年ジャングルポケットが最後。以降、勝ち馬は輩出しておらず、何とも不思議な現象だが、ファントムシーフにとっては好材料とは言えないだろう。

また、ダービー馬はダービー馬から、とはよく言われる格言だが、過去10年の日本ダービー馬のうち、10頭中6頭がディープインパクト産駒で、2頭がキングカメハメハ産駒と、これまではディープvsキンカメの覇権争いが繰り広げられてきた。

この両巨頭がクラシック戦線から姿を消し始めたものの、昨年は2014年ワンアンドオンリー以来となる、ハーツクライ産駒のドウデュースが制覇。ハーツクライ自身は日本ダービーは2着に敗れているが、ドバイシーマクラシックを制しており、芝2400mのGIウイナー。つまり、日本ダービー馬は芝2400mのGIを制していることが、近年は重要な要素となっている。

ファントムシーフの父ハービンジャーは、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSの勝ち馬で、すでに平地GI馬5頭を輩出している名種牡馬ではあるが、東京の芝2400mのGI(日本ダービー・オークス・ジャパンC)において、産駒の成績は【0.1.1.14】とあまり良績を残せていない。複勝圏内の2頭はいずれもオークスでの結果で、日本ダービーは【0.0.0.5】。18年に2番人気に支持されたブラストワンピースも5着に敗れており、あまり日本ダービー向きの血統背景とは言い難い。

Advertisement


今回は武豊を鞍上に迎えるファントムシーフ。昨年のドウデュースと同様、皐月賞3着→日本ダービー1着の再現を期待する方も多いことだろう。しかし、前走まで騎乗していたC.ルメールが、こちらよりもスキルヴィングを選んだという見方もできなくはない。共同通信杯勝ち馬との相性の悪さや、血統背景を鑑みると、人気ほどの妙味は感じられず、思い切って「消し」でいきたい。

◆【日本ダービー2023予想/追い切り診断】ソールオリエンスを上回る「S」の最高評価 「逆転戴冠の可能性は十分」

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”前後の刺客 「三重苦だった前走からガラリ一変」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“50倍”以上の盲点 「高配当の使者となる資格十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“12人気”前後の爆穴 「フロック視は禁物、押さえたい1頭」

日本ダービー(東京優駿)2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】ソールオリエンス・横山武は“相手”評価 「連対率100%」で上回る堅軸に注目

Advertisement


▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ソールオリエンスを上回る「S」の最高評価 「逆転戴冠の可能性は十分」

◆【追い切り診断】前走惜敗の実績馬が急上昇の「A」評価 「皐月賞の鬱憤を晴らす」

◆【追い切り診断】打倒ソールオリエンスの一角に辛口「B」 「気迫や反応が物足りない」

◆【追い切り診断】スキルヴィングを上回る「A」の高評価 「状態維持で結果はついてくる」

▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角に「2.2.1.0」 “次元を超えた馬”にGI6勝の名馬がフラッシュバック

◆【データ攻略】「3.1.0.1」で打倒ソールオリエンスへ 信頼度上昇の“名手”がGI初勝利に導く

◆【データ攻略】連勝も人気落ちの伏兵に妙味 最強コンビの「5.2.0.3」が不利を吹き飛ばす

◆【データ攻略】想定“10人気”以下に「連対率100%」 積極策で巻き返しても不思議はない

◆【WIN5予想】メインは“前走リベンジ”狙いで一点突破 東京10Rは想定“2桁”人気も候補

▼血統傾向
◆【血統傾向】東京適性の高い“2桁”オッズに食指 単回収値「116」も条件好転で上昇の予感

◆【血統傾向】連勝中の上がり馬に驚異の単勝回収値「1140」 クラシックディスタンスも問題なし

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソールオリエンスの3枠5番は名馬への“試練” 波乱演出の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ソールオリエンスの二冠に警鐘 無敗の皐月賞馬は“3の1”で勝率33.3%

◆【脚質傾向】近年は“上がり最速”がトレンドも、単勝回収値「314」の大穴候補に警戒

◆【人気傾向】3着は穴候補の好走に警戒も 連対は5人気以上を信頼

著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン