Advertisement

【日本ダービー/血統傾向】東京適性の高い“2桁”オッズに食指 単回収値「116」も条件好転で上昇の予感

 

【日本ダービー/血統傾向】東京適性の高い“2桁”オッズに食指 単回収値「116」も条件好転で上昇の予感

28日に東京競馬場で行われる日本ダービー(GI、芝2400m)の「血統傾向」を分析する。

2018年以降の日本ダービーで3着内に入った種牡馬データを集計した下記の血統表をもとに推奨馬を紹介する。

◆【日本ダービー2023予想/追い切り診断】ソールオリエンスを上回る「S」の最高評価 「逆転戴冠の可能性は十分」

■瞬発力勝負に輝くディープインパクトの血

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

過去5年の種牡馬成績を見ると、ディープインパクト産駒が4勝を挙げる成績を示している。昨年は勝ち馬こそ輩出できなかったが、7番人気のアスクビクターモアが3着に好走しているように、相性抜群の舞台といえるだろう。

一方、キングカメハメハ系種牡馬は【0.0.1.15】。最後に馬券圏内に入ったのは、2018年のコズミックフォース(キングカメハメハ産駒)の3着まで遡る。

今年もドゥラメンテ産駒のドゥラエレーデやルーラーシップ産駒のフリームファクシなど複数のキングカメハメハ産駒の出走があるが、今回は割り引きたい。

20230525_日本ダービー _血統傾向

このようにディープインパクト系種牡馬が得意とする理由は、コース形態とレース展開にある。東京芝2400mは、最後の直線距離が525.9mと長いコース。

さらに日本ダービーは皐月賞組や毎日杯組など2000m以下の路線から多数参戦することもあり、中間が緩まず早い上がりが求められるレース。つまり「瞬発力勝負」になりやすく、スピードと瞬発力に長けたディープインパクトの血が活きるわけだ。

Advertisement


今回はディープインパクトの血を持つシルバーステート産駒に注目する。

◆【日本ダービー2023予想/穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”前後の刺客 「三重苦だった前走からガラリ一変」

■メタルスピード

父のシルバーステートは、現役時代には重賞勝利はなかったが、「未完の大器」と称されるほどの高いポテンシャルを持っていた馬。また、母父に2005年の仏ダービーを制するなど欧州GI4勝のシャマーダルがいる。

メタルスピードは勝ち上がりまで5戦を要したが、2走前のスプリングSでは上がりタイム2位の末脚を見せ、3着に好走。そして、前走の皐月賞では、13番人気の伏兵扱いであったが、素晴らしい走りで4着に食い込み、ダービーへの出走権を獲得した。

近2走は、雨の影響で重馬場での出走となったが、メタルスピードは綺麗な馬場の方が得意そうで、良馬場ならさらに前進が見込めそうだ。

次に血統面のデータを見ていきたい。父ディープインパクト系×母父ストームバード系の牡・セン馬は、2018年以降、東京芝のレースに出走すると【6.5.5.39】という成績で、勝率10.9%、複勝率29.1%であり、単勝回収値は116と馬券妙味のある数値を示している。非常に東京適性の高い血統構成と言えそうなだけに注目だ。

Advertisement


◆【日本ダービー2023予想/追い切り診断】スキルヴィングを上回る「A」の高評価 「状態維持で結果はついてくる」

▼その他、血統傾向
◆【血統傾向】連勝中の上がり馬に驚異の単勝回収値「1140」 クラシックディスタンスも問題なし

日本ダービー(東京優駿)2023予想コラム一覧

▼騎手データ

◆【騎手データ】ソールオリエンス・横山武は“相手”評価 「連対率100%」で上回る堅軸に注目

▼追い切り診断

◆【追い切り診断】ソールオリエンスを上回る「S」の最高評価 「逆転戴冠の可能性は十分」

◆【追い切り診断】前走惜敗の実績馬が急上昇の「A」評価 「皐月賞の鬱憤を晴らす」

◆【追い切り診断】打倒ソールオリエンスの一角に辛口「B」 「気迫や反応が物足りない」

◆【追い切り診断】スキルヴィングを上回る「A」の高評価 「状態維持で結果はついてくる」

▼データ攻略

◆【データ攻略】人気一角に「2.2.1.0」 “次元を超えた馬”にGI6勝の名馬がフラッシュバック

◆【データ攻略】「3.1.0.1」で打倒ソールオリエンスへ 信頼度上昇の“名手”がGI初勝利に導く

◆【データ攻略】連勝も人気落ちの伏兵に妙味 最強コンビの「5.2.0.3」が不利を吹き飛ばす

◆【データ攻略】想定“10人気”以下に「連対率100%」 積極策で巻き返しても不思議はない

◆【WIN5予想】メインは“前走リベンジ”狙いで一点突破 東京10Rは想定“2桁”人気も候補

▼穴馬予想

◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”前後の刺客 「三重苦だった前走からガラリ一変」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“50倍”以上の盲点 「高配当の使者となる資格十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“12人気”前後の爆穴 「フロック視は禁物、押さえたい1頭」

◆【危険な人気馬】巻き返し狙う重賞馬は“消し” 「2つの不安要素」で妙味を感じない

▼その他、過去10年データ傾向

◆【枠順】ソールオリエンスの3枠5番は名馬への“試練” 波乱演出の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ソールオリエンスの二冠に警鐘 無敗の皐月賞馬は“3の1”で勝率33.3%

◆【脚質傾向】近年は“上がり最速”がトレンドも、単勝回収値「314」の大穴候補に警戒

◆【人気傾向】3着は穴候補の好走に警戒も 連対は5人気以上を信頼

文●中井達也(SPREAD編集部)


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン