Advertisement

【MLB】大谷翔平が2戦3連発の秘訣は「構え」とメカニズムの重要性を説く “コーチの願掛け”についても笑顔で回答

 

【MLB】大谷翔平が2戦3連発の秘訣は「構え」とメカニズムの重要性を説く “コーチの願掛け”についても笑顔で回答
3回に2試合連続となる今季14号2ランを放った大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は5月31日(日本時間6月1日)、敵地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番DH」で先発出場。3回の第2打席に14号2ラン、続く4回の第3打席でも15号2ランを放ち、今季初の2打席連続アーチを記録した。

◆【実際の映像】大谷翔平、米メディアも驚愕 2打席連発となる特大140メートルの第15号弾 現地実況も大興奮

■絶好調の秘訣はコーチとの願掛け

大谷は試合後に現地記者らのインタビューに応じた。

大谷は2試合3本塁打を放った現在の状況について「いい球をしっかり打てている。今日の最後の四球もしっかり見えてるので、いいかなと思います」と自身の調子を振り返った。

バッティングの調子がいいときと悪いときに明確な違いはあるのかという問いに対しては「一番は『構え』だと思っている。構えている段階の見え方」とし「一つの要因ではないので、グリップだったり……感覚はそのときによって違うので、上げたほうがいいなというときと、下げたほうがいいなというときがあって、それはそのときによって違う」と構えたときの感覚を大切にしているとし、バッティング・フォームとそのメカニズムの重要性に言及した。

また今シーズンは『願掛け』として、バットにジオ・アーシェラにサインを書いてもらったり、マーカス・テームズ打撃コーチにコーヒーを掛けてもらったりしているという大谷は、「今回(新しい願い掛け)は特にないですね。そのまま、昨日も(コーヒーを)掛けてもらったりしました。結果になってよかったです」と笑顔を見せた。

◆【実際の映像】大谷翔平、水原一平通訳を介した試合後インタビュー

◆大谷翔平、2打席連続の14・15号弾でキング争い2位浮上 140メートル“トラウタニ”弾に米メディアも大興奮

◆大谷翔平、一塁への“俊足”内野安打で出塁 実況は「非現実的だ」と驚きのあまり繰り返しつぶやく

Advertisement