Advertisement

【WRC】ラリー・イタリア サルディニア ヒョンデのラッピが首位、0.1秒差でトヨタのオジエ 2日目

 

【WRC】ラリー・イタリア サルディニア ヒョンデのラッピが首位、0.1秒差でトヨタのオジエ 2日目
泥沼のステージを疾走する首位ラッピ (C) Red Bull Content Pool

2023年FIA世界ラリー選手権WRC)第6戦ラリー・イタリア サルディニアは現地2日、2日目のデイ2が行われ、ヒョンデのエサペッカ・ラッピが初日に続き首位に立つも、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエがわずか0.1秒差で2位に浮上した。

3位はやはりヒョンデのティエリー・ヌービルカッレ・ロバンペラは4位。勝田貴元は5位。

◆【実際の映像】0.1秒差で激走、首位を守ったエサペッカ・ラッピの激走

■首位のラッピとわずか0.1秒差

ラリー・イタリア サルディニアは、デイ2から本格的なグラベル(未舗装路)ステージでの戦いがスタート。オルビアに置かれるサービスエリアの南西エリアで3本のステージを各2回走行し、その合計距離は138.04kmと4日間で最長の一日だった。ステージは、午前中は概ねドライコンディション、一部には湿って、ぬかるんだ区間もあり、午後にはまとまった雨も。

デイ1のスーパーSSで総合6位につけたオジエは、デイ2オープニングのSS2でベストタイムを記録し一気に首位に浮上。続くSS3は7番手タイムで総合2位に後退したが、今シーズンここまで最長となる49.90kmの「モンテ・レルノ」では、2番手タイムのエバンスに12.7秒差をつける圧巻のベストタイムを記録し、首位に返り咲いた。その時点で総合2位のエサペッカ・ラッピ(ヒョンデ)に16.3秒差をつけていたが、午後の再走ステージではややペースが上がらず、デイ2最終のSS7でラッピに逆転を許し総合2位に。しかし、ラッピとわずか0.1秒差。

ドライバー選手権首位のロバンペラは、1番手スタートという不利な出走順により、午前中のステージで大きくタイムをロス。特に、最長ステージのモンテ・レルノの1回目の走行では、ベストタイムのオジエに40.2秒という大きな遅れをとり、総合8位で午前中を終えた。だが、午後は降雨により路面が湿り、出走順1番手の不利が若干緩和された。ロバンペラは、1回目の走行で大きく遅れたモンテ・レルノの再走ステージでベストタイムを記録し、総合4位に順位を上げてデイ2を締めた。

勝田は、SS2で4番手タイムを記録した後、SS3でベストタイムを記録。総合3位に順位を上げました。しかし、SS4ではコーナーを曲がりきれず20秒を失い、総合5位にダウン。午後はSS6で3番手タイムを刻むなど速さを見せ、総合4位ロバンペラと1.3秒差の、総合5位でデイ2を走りきった。

エバンスは、朝最初の2ステージでは9番手タイム、最長のモンテ・レルノではオジエに次ぐ2番手タイムを記録。総合4位に順位を上げた。さらに、午後のSS5では総合3位につけたが、SS7の最後でタイヤから空気が抜け40秒をロス。総合6位に順位を下げた。

首位に立ったラッピは「むちゃすることはないね。0.1秒差は御の字だよ。トリッキーなステージだったし、リアにトラブルも抱え、それで足をひっぱられていたから、とにかくフィニッシュできて嬉しい。すべてOK、明日を楽しみにしてるよ」ととにかくトップ・フィニッシュした喜びを表現した。

Advertisement


観客の前を飛ぶように疾走するオジエ (C) Toyota Gazoo Racing WRT

オジエは「今日一日の自分の戦いと、順位に満足しています。今朝最初のステージとモンテ・レルノでは、自分と他の選手たちのタイム差に驚きましたが、クルマの調子が良く、タイヤの選択も正しかったので、午前中は速く走ることができたのだと思います。午後は少し苦労しましたが、それでも悪くはありませんでした。ドライビングには満足していますが、自分がサービスで下した判断には、やや不満が残ります。タイヤの選択とセットアップを少し見誤ってしまったからです。それでも、滑りやすいコンディションのなか、リスクを冒すことなく、特に大きな問題もなく走ることができました。まだ優勝争いができる位置につけていますし、タイム差も非常に小さいので、明日はまたプッシュするつもりです」と虎視眈々と首位をうかがう。

ロバンペラは「全体的にはとても良い一日でした。今朝の最初の2ステージは悪くなかったと思います。路面は少し湿っていて、予想していたよりは路面の掃除が少なくて済み、タイムロスも抑えられました。しかし、モンテ・レルノの路面は結構乾いていて、タイムをかなり失ってしまい、多くのアクションもありました。午後は、2回目の走行だったにも関わらず依然トリッキーで、自分たちよりも前に走行した小さなクルマが刻んだ走行ラインが、全く合いませんでした。しかし、最後のモンテ・レルノで雨が降り出したので、懸命にプッシュし続けました。自分は雨やぬかるんだコンディションではいつも楽しんで走ることができているので、少しタイムを取り戻すことができました。明日はもっといい出走順で走れるので、さらにプッシュするつもりです」とまだ表彰台を諦めていない模様だ。

TGRチーム代表のヤリ-マティ・ラトバラは「今日は前半、後半の二部構成の試合のようでした。午前中はチームとして非常に強く、予想以上の強さを発揮しました。しかし、午後はライバルが巻き返して強さを示しました。それでも、金曜日が終わった時点でこのような状況にあることにとても満足しています。セブのおかげで、首位と僅か0.1秒差と、優勝争いに向けて非常に良いポジションにつけています。カッレは出走順が1番手で路面をクリーニングしなければなりませんでしたが、終盤の滑りやすいコンディションでは今回もまた別格の速さを発揮し、表彰台を狙える位置につけています。エルフィンもいい仕事をしていたのですが、運悪く最後にパンクを喫し少しタイムを失ってしまいました。また、貴元がステージでベストタイムを記録し、総合5位につけているのは素晴らしいことです」とチームをねぎらった。


ラリー・イタリア サルディニア 提供:TGR/WRC

競技3日目となる3日のデイ3は、オルビアのサービスパークを中心に、4本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。8本のステージの合計距離は133.62kmと、デイ2に匹敵する長い1日になる。また、デイ2よりもさらに西側のエリアが主舞台となるため、リエゾン(移動区間)距離は426.80kmと長く、ステージとの合計走行距離は560.42kmに。

■ラリー・イタリア サルディニア デイ2の結果

1 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) 1h31m48.8s
2 セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +0.1s
3 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +18.6s
4 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +46.1s
5 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +47.4s
6 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +1m05.6s
7 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (フォード PUMA Rally1 HYBRID) +1m09.8s
8 サミ・パヤリ/エンニ・マルコネン (シュコダ Fabia RS Rally2) +3m48.5s
9 アドリアン・フォルモ−/アレクサンドレ・コリア (フォード フィエスタ MkⅡRally2) +3m54.8s
10 エミル・リンドホルム/レータ・ハマライネン (シュコダ Fabia RS Rally2) +4m01.6s

Advertisement


◆第6戦ラリー・イタリア サルディニア トヨタは今季5勝目目指す、焦点はロバンペラ vs. オジエか

◆第5戦ラリー・ポルトガル 昨季王者トヨタのカッレ・ロバンペラが今季初優勝、ランク首位に 

◆世界ラリー選手権2023年シーズン特集 トヨタは3年連続3冠獲得なるか、カッレ・ロバンペラの連覇は… 速報・結果一覧

文●SPREAD編集部