「羽生結弦は鬼軍曹みたい」ジェイソン・ブラウンのインタビューが話題に

アメリカのフィギュアスケート選手、ジェイソン・ブラウン選手。2019年1月の四大陸選手権では5位に入賞した。2018年の5月からはブライアン・オーサーコーチに師事。羽生結弦選手と同じクリケットクラブの一員として活躍している。

そんなブラウン選手が、スポーツ記者のジャック・ギャラガーさんによるポッドキャスト番組「Ice Time Podcast」に出演。日本人選手とのエピソードや幼少期の思い出などについてのインタビューに答えている。

質問内容は多岐にわたったが、その中でも羽生選手について語る場面の表現が特徴的だ。ジェイソン選手の選んだ独特の言い回しに注目が集まっている。

ジェイソン選手は「羽生選手と一緒に練習をしていてどうか」という質問に対して「彼は人間じゃないみたい。トレーニングに対する姿勢がストイックすぎる」と解答。

(c)Getty Images

そして、ストイックさの表現に彼は鬼軍曹みたいだという言葉を選んだ。

羽生選手は、スケートリンク上でもリンク外でも自分のジャンプに分析をし、納得するまで決して辞めないとのこと。この姿勢にブラウン選手はとても驚いているようだった。

そして「オリンピック2連覇を成し遂げられた理由も納得だ」と話す。

(c)Getty Images

2017年のNHK杯ショートプログラム後、羽生選手が負傷した際に直筆の日本語メッセージを送るなど、2人の関係性はとても深い。


オーサーコーチのもとで共に練習するブラウン選手と“鬼軍曹”羽生選手。2人の口から、もっと沢山のお互いのエピソードを聞いてみたいものだ。

≪関連記事≫

新“羽生結弦ボトル”は「ORIGIN様」!きき湯 スペシャルモデルの発売を発表

衣装が無い!全米選手権出場直前のジェイソン・ブラウンに大ハプニング

ジェイソン・ブラウンの日本語が上手い!宇野、紀平、三原と肩を組み「おつかれさま!」

「ユズルは大丈夫でしょう」「ハビエルは完璧なモデル」オーサーコーチが教え子たちを語る

「10分も遅れてリンクに来たら…」オーサーコーチがフェルナンデスへの指導を語る

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします