ザギトワの愛犬・マサルが間に合わなかった検疫とは?いつから来日できる?

ロシアのトップフィギュアスケーターであるアリーナ・ザギトワ選手の愛犬・マサルが話題になっている。

3月20日から開催されるフィギュアスケート世界選手権のため、来日予定だったザギトワ選手。その際に秋田犬のマサルも連れて来日し、秋田への里帰りを希望していた。

しかし、念願の里帰りにアクシデントが!マサルの検疫が間に合わず、入国できないという事態になってしまったのだ。

残念ながら、ファンの念願だったマサルの里帰りは延期となってしまった。

ザギトワ選手の愛犬・マサル

ザギトワ選手の愛犬・マサルの存在は、日本でも大きく話題となっていたので多くの人がご存知だろう。

最初のきっかけは、ザギトワ選手が秋田犬に一目惚れしたこと。それを知った秋田犬の保存会が贈呈を決定し、マサルがザギトワ選手に贈呈されることになったというわけだ。

マサルも2019年の2月に1歳の誕生日を迎え、すくすく成長している。

 

View this post on Instagram

 

🎈🐕 Масару сегодня 1 годик 🎀!!! С Днём Рождения, моя любимая 🐕! Моя радость, поддержка и вдохновение!!! Будь здоровой и послушной 🐶🎁🎉 🎈🐕今日、マサルが1歳の誕生日をむかえました🎀 私の愛犬、誕生日おめでとう!🐕あなたがいてくれて私は本当に幸せで、あなたは私の支えであり、私を鼓舞してくれる存在です!これからも素直で元気に過ごしてくれることを祈っています🐶🎁🎉 🎈🐕 Masaru is celebrating her 1st year today !!! Happy Birthday, my lovely dog! 🐕 You are my happiness, support and inspiration! Wish you to be healthy and obedient 🐶🎁🎉 #масару #акитаину #акита #собака #люблю #япония #masaru #マサル #秋田犬 #日本 # 愛してる #akitas # japan #puppy #mylove

Alina Zagitovaさん(@azagitova)がシェアした投稿 –

マサルが間に合わなかった検疫とは?

今回マサルが間に合わなかった検疫とは、どのようなものなのだろうか。

国外から犬を連れて入国する場合、必要になるのが検疫だ。

どの国から入国するかによっても検疫の流れが異なるが、農林水産省動物検疫所の資料によると、ロシアから入国することになるマサルの場合は、8つの手順を踏む必要がある。

マイクロチップの埋め込みや、狂犬病の注射、事前届出等の手順を踏む必要があり、最短で生後301日で入国することが可能だ。

すでに1歳を迎えているマサルも年齢上は入国が可能であるが、今回は恐らく8つある手順のどこかの項目に不備があり、来日が見送られたものと考えられる。

もし、すべての手順をこれからマサルが踏むことになると、最短でも210日の手続き期間が必要となる。つまり、少なくとも2019年の10月までは来日が困難だろう。

日本でも人気の高いザギトワ選手と愛犬・マサル。日本での2人のツーショットを期待するファンも多いが、念願の里帰りはいつ実現するのだろうか。

≪参考≫

指定地域以外から日本に犬・猫を 輸入するための手引書(農林水産省動物検疫所)

≪関連記事≫

ザギトワ、愛犬マサルとの2ショットに反響…「大きくなったね。幸せそう」との声も

ザギトワ、南国で過ごすオフショットを公開…妖艶な魅力と抜群の美脚に反響

フィギュア・ザギトワ、日本好きになったきっかけにメドベージェワの存在?独占インタビューが「AERA」で掲載

浅田舞、愛犬・エルちゃんとの”可愛すぎる”動画を公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします