「こんな可愛い天使が主将とか…」三原舞依が主将として見事な演技を披露

3月8日、ロシア・クラスノヤルスクにて、ユニバーシアード競技大会女子フィギュアスケートのショートプログラム(SP)が行われた。

SPが終了した段階で、日本の竹野比奈選手が3位。スタニスラワ・コンスタンチノワ選手やエリザヴェート・トゥルシンバエワ選手といった実力者も上位を占める中、三原舞依選手が圧巻の演技を披露し首位に立った。

今回の大会において、三原選手は選手としてメダルが期待されるだけではなく、ある大役も担っている。それは、スキーやアイスホッケーといった他競技も含む日本選手団の主将だ。

現在、三原選手は甲南大学の1年生、大学生世代を対象としたこの大会では、最年少層の参加者である。にもかかわらず年上の選手たちを差し置いて主将に選ばれたのは、周囲からの期待もあってのことだろう。

三原選手は、日本出発に際して「緊張している」とのコメントを発表。初めてのユニバーシアードで主将という大役を担うことも、緊張の原因だったかもしれない。

しかし、今回のSPでは緊張を感じさせない見事な演技を披露。主将としてこれ以上ない立派な活躍に、ファンからも絶賛の声が集まっている。

現在、ユニバーシアード競技大会の日本選手団は、スノーボードの高原宜希選手が銅メダルを獲得したほか、ショートトラックの女子リレーが銀メダルを獲得するなど活躍中。三原主将の活躍で活気がつき、日本代表全体がさらに盛り上がることを期待したいところだ。

≪関連記事≫

ディズニーの聖地“アナハイム”でシンデレラを熱演!三原舞依の演技にディズニーファンも反応

崩れ落ちる坂本花織の横で、中野コーチが厳しくも愛のある発言…2人の関係性が話題に

坂本花織が高校を選んだ意外なきっかけとは…4月からは神戸学院大学へ進学

友野一希らがブレザー姿でユニバーシアード競技大会に出発!「いい3ショット」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします