B.LEAGUEは日本の週末を変える?根付き始めた「バスケ観戦」という選択肢

男子プロバスケットボールの『B.LEAGUE(Bリーグ)』がスタートしたのは2016年9月22日。アルバルク東京 VS 琉球ゴールデンキングスの一戦で幕を開けた。

それまで別々に存在していたナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)と、bjリーグが統合され男子バスケットボールのトップリーグが誕生。新たな時代が始まった。

2年前と最近の会場を比較

2シーズン目のレギュラーシーズンを終えようとしているタイミングで、アルバルク東京の森高大アシスタントコーチ兼スキルコーチがツイッターを更新して、Bリーグ以前と以後の会場を比較した。

NBL時代の写真は会場に空席が目立ち、少し寂しい感じがする。それに対してBリーグになってからの写真では会場の席も埋まり、多くのファンが足を運ぶようになったことがうかがえる。

日本の週末に「バスケットボール観戦」という新しい選択肢が根付き始めているようだ。

森コーチは「フロントスタッフの尽力で同じカードでもここまで変わりました。遠く沖縄まで応援に来てくださるファンの方々もいて、感動しています」と変化を喜んでいた。

リーグチャンピオンを目指すアルバルク東京

現在B1リーグ東地区2位につけるアルバルク東京はプレーオフを勝ち抜き、リーグチャンピオンになることを目指している。

応援に応えるためにも勝ち上がりたいと言う森コーチにファンからは、「チームが勝つためなら沖縄はそう遠くなかったです」「森さんをはじめ、コーチの皆さんの尽力があつて今の状況があるんだと思います!」「まだ伸び白がありますね」などのコメントが寄せられている。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします