三原舞依が凱旋帰国!自身が出場しない世界選手権の日本代表へエール

3月11日、ユニバーシアード競技大会に参加していた三原舞依選手が帰国。獲得した金メダルを掲げて笑顔を見せた。

三原選手はユニバーシアード競技大会に日本選手団の主将として出場。見事大役を果たし、晴れて帰国の途に就いたことになる。

三原選手は帰国に際し「私の演技が世界選手権日本代表選手へエールになれば」とコメント。3月20日より始まるフィギュアスケート世界選手権の出場選手たちを応援した。

三原選手は、今回の世界選手権で日本代表の選考に漏れた。非常にレベルの高い代表選手選考の結果、女子シングルでは坂本花織選手、紀平梨花選手、宮原知子選手が選出されている。

惜しくも代表入りを逃した三原選手。ユニバーシアード競技大会の演技を見た三原選手のファンは、これだけの実力者でも代表入りできない日本の選手層の厚さに、嬉しさもあり悔しさもありといった様々な反応を見せていた。

また、自身が出場しない大会にもかかわらず、日本代表選手へのエールを送った三原選手の健気さに心打たれた様子のファンも多い。

ちなみに、三原選手がユニバーシアード競技大会で最も思い出に残ったのは“選手村”だという。「オリンピックもこんな場所なのかな」と夢を膨らませたとのことだ。

当然、三原選手は2022年開催の北京冬季五輪でも活躍が期待されるひとり。今後も活躍を続け、初の五輪代表選手の座を射止めてもらいたいと思うファンも多いだろう。

まずは、三原選手にはユニバーシアード競技大会の疲れをゆっくりと癒やしてもらいたいところだ。

≪関連記事≫

「こんな可愛い天使が主将とか…」三原舞依が主将として見事な演技を披露

ディズニーの聖地“アナハイム”でシンデレラを熱演!三原舞依の演技にディズニーファンも反応

崩れ落ちる坂本花織の横で、中野コーチが厳しくも愛のある発言…2人の関係性が話題に

坂本花織が高校を選んだ意外なきっかけとは…4月からは神戸学院大学へ進学

友野一希らがブレザー姿でユニバーシアード競技大会に出発!「いい3ショット」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします