【MLB】大谷翔平、本塁打王危惧のなかライバルが“急失速” 10試合欠場も日本人初の戴冠は安泰か

 

【MLB】大谷翔平、本塁打王危惧のなかライバルが“急失速” 10試合欠場も日本人初の戴冠は安泰か
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は13日(日本時間14日)、敵地で行われたシアトル・マリナーズ戦のスタメンから外れ、10試合連続出場なしに終わった。

◆大谷翔平、10戦連続欠場で不透明なスタメン復帰… 指揮官と協議重ねる、今季中の“カムバック”はあるのか

■一時は三冠王も視界

大谷は4日(同5日)のボルチモア・オリオールズ戦の試合前の打撃練習で右わき腹を負傷し「軽度の炎症」と診断。回復を窺っている状態で、欠場試合数も10まで伸びた。

気になるのは一時は三冠王も視界に入れていた大谷の打撃タイトルの可能性だ。44本塁打は2位のルイス・ロベルトJr.(シカゴ・ホワイトソックス)に9本差、8月に9本塁打と量産していた昨年のタイトルホルダー、4位のアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)には13本差をつけている。

ロベルトJr.は13日(同14日)のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で本塁打なしに終わり、これで10試合ホームランから遠ざかり35本のまま。また、9月に入りペースを落とし、9試合本塁打のないジャッジもこの日のボストン・レッドソックス戦が中止に終わり、31本となっている。

今季の残りシーズンでロベルトJr.は16試合で9本塁打、ジャッジは17試合で13本塁打を量産しないと大谷の44本には到達しない。ともに調子を落としている中で、再びこのハイペースを取り戻せるのかは気になるところ。

欠場が続く大谷だが、このままいけば自身初の本塁打王のタイトルを手中に収めることが濃厚。日本人初の偉業を成し遂げることができるのか。

◆51号オルソンがメジャー堂々首位、大谷翔平は何位… 米分析サイトが2018年以来の本塁打ランキング紹介

◆オルソンが打っても打っても…揺るがないMVP“筆頭”アクーニャJr. 史上初「40-70」まであと3本塁打、5盗塁

Advertisement


◆「エンゼルスでの時間は終わった」元GMが大谷翔平の移籍先について熱弁「ドジャース加入より良い脚本はハリウッドにもない」

文●SPREAD編集部