2年前アマとのプレーオフ敗退…今季“絶好調の男”は苦い思い出の大会で悲願達成なるか

 

2年前アマとのプレーオフ敗退…今季“絶好調の男”は苦い思い出の大会で悲願達成なるか
永野竜太郎(C)Getty images

男子ゴルフツアーの第18戦「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」が、小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県/7113ヤード、パー72)で、21日に開幕する。

本大会には昨年アマチュア優勝を果たした蟬川泰果や、昨年プロデビュー戦となった中島啓太、今季安定した成績を残す石川遼などが出場予定となっている。

若手の活躍が目覚ましい今季の国内ツアーだが、その中でツアー15年目のベテランが躍動している。それが永野竜太郎だ。

◆【パナソニックオープン2023】9月21日~24日 大会概要、結果、放送・中継情報一覧

■悲願達成なるか

永野はこれまでのプロ人生のなかでツアー優勝は一度もない。獲得賞金も2015年に記録した4890万4833円が最高という中堅どころの選手であった。

初優勝のチャンスが訪れたのは2021年のパナソニックオープン。最終日まで首位に立っていたものの、当時アマチュアだった中島啓太の猛追に遭い、勝負の行方はプレーオフへ。結果としては中島がプレーオフを制し、永野の悲願達成とはならなかった。

しかし、今季の永野は一皮むけた存在となっているようだ。

現時点での賞金ランキングを見ると、6132万527円で4位。今季まだ9試合を残した状況下で、すでに自己最高を記録している。また全米オープンで得た賞金2602万1762円を除いても、過去最高のペースで賞金を積み上げていることに変わりはない。

永野は今季13試合に出場しトップ10は4回、予選落ちは2回のみと安定。予選落ちを喫した日本ゴルフツアー選手権以降に出場した7試合では、トップ10入が3回、予選落ちなしと何度も優勝争いに名を連ねている。永野のスタッツを見ても今季の好調さが見てとれ、平均ストロークは70.228と自己最高の記録を残している。

Advertisement


永野の唯一の弱点はパー3を苦手としているところか。パー3の累計スコアを見ると23オーバー(95位)。バーディ率(パー3)も0.099%(84位タイ)とスコアを縮めることができていない。一方で、パー4、パー5でのバーディ率は高く、パー3で伸ばせなかったスコアをミドル、ロングホールで取り返せるかが優勝へのポイントとなりそうだ。

最高のシーズンを送る永野だが、次戦は2年前に初優勝を逃したパナソニックオープン。しかも相手が中島であったとはいえ、プロがアマチュアにプレーオフで負けるという歴史を作ってしまった大会でもある。

その悔しい2年前から永野はさらに進化した。今季の勢いであればいつ優勝してもおかしくはない。ツアー15年目の悲願達成なるか。

◆【パナソニックオープン2023】アマチュア優勝、プロデビュー戦…現在賞金ランク1位の中島啓太は、縁ある大会で今季ツアー3勝目を目指す

◆【パナソニックオープン2023】昨年“タイガ”ドラマの主役は、自身の「61」を超えるタイガチャージで2年連続地元優勝を飾れるか

◆【全米オープンプレーバック】初出場の永野竜太郎が2アンダー12位タイの大健闘、日本選手全員が決勝ラウンドへ

文●SPREAD編集部

Advertisement