石川祐希、髙橋藍らの活躍で望みつないだバレー男子 パリ五輪出場権獲得へ“勝負の3連戦”、6日は世界9位セルビア戦

 

石川祐希、髙橋藍らの活躍で望みつないだバレー男子 パリ五輪出場権獲得へ“勝負の3連戦”、6日は世界9位セルビア戦
バレーボール日本代表の石川祐希と髙橋藍(C)ロイター

バレーボールW杯は4日、代々木第一体育館で日本対トルコの試合が行われ、日本は3-0のストレートで快勝し、3勝1敗とした。

◆【実際の映像】エース石川祐希が魅せたスーパープレー トルコ3-0撃破に貢献

■3勝1敗でセルビアと同勝ち点の4位

日本は第2戦でエジプトに敗戦を喫し、3つに分かれた各グループの上位2チームに与えられるパリ五輪の出場権獲得に向けて負けられない状況となった。

しかし、エース石川祐希のサーブや西田有志、髙橋藍を中心とした攻撃でトルコを圧倒。25-15、25-20、25-19の3セットを連取で勝利が求められた試合をものにした。

これで日本は3勝1敗で勝ち点では3位のセルビアに並び、セット率が2.200の日本(セルビアは2.500)は4位となった。

この後は6日に3位のセルビア(世界ランキング9位)、7日に2位のスロベニア(同7位)、8日に首位のアメリカ(同2位)との上位対決3連戦が控える。

最新の世界ランキング4位の日本にとってはアメリカ以外は下位の相手だが、今大会で敗れたエジプトは18位。1試合でも敗れると今大会でのパリ五輪出場権獲得は厳しくなるだけに、まずはセルビア相手に勝利し望みをつなげたいところだ。

◆【実際の映像】エース石川祐希が魅せたスーパープレー トルコ3-0撃破に貢献

◆石川祐希の状態は上向き!トルコ戦で快勝も、強豪国との3連戦に向け「まだ調子は上がります!」

Advertisement


◆世界5位日本がパリ切符獲得へ「試練の3連戦」! 第1Rは対戦成績2勝8敗の9位セルビア

(Y.Imoto/SPREAD編集部)