【秋華賞/追い切り診断】ハーパーらオークス組より上の高評価「A」 「前走以上の力強さと気持ちの乗り」

 

【秋華賞/追い切り診断】ハーパーらオークス組より上の高評価「A」 「前走以上の力強さと気持ちの乗り」

■マスクトディーヴァ

【中間調整】6月に1勝クラス平場を勝ち上がってから3カ月ぶりの一戦という経緯から、前走のローズSは7番人気という評価に留まっていた。しかし蓋を開けてみると中団から鋭い脚を使って抜け出し、ラストは遊ぶ余裕を見せながらJRAレコードを更新しての快勝を収めた。目立った反動はなかったようで、陣営サイドは秋華賞への進出を決定。在厩で調整されている。10月2日に坂路14-14をこなしたのが初時計。5日の1週前追いではそこまで稽古駆けしない馬が、馬なりで準オープン馬に対し追走併入。外めを回りながら5F68秒5と自己ベストを更新してみせた。

◆【秋華賞2023予想/追い切り診断】リバティアイランドを上回る「S」の最高評価 「ローズSを見送った効果は絶大」

【最終追い切り】先週の動きで十分ということか、レース当週は坂路単走馬なりの軽め調整。それでも低重心で力強さを感じるフォームで登坂し、ラストは鞍上が見せムチで気合いを入れると、さらに体を沈めて切れた。

【見解】前走時で444キロと華奢な牝馬のレコード駆け。反動があって当然と言えるシチュエーションで、相当慎重に状態を見極めたようだが出走に舵を切ってきたということはほぼ問題なしと考えていいだろう。実際に1週前、今週と稽古での動きはハツラツとしており、前走時以上の力強さと気持ちの乗りが感じられる。ワンターン向きという話がある馬でコーナー4つとなる舞台設定がどうかだが、状態の良さで克服するシーンがあっても。

総合評価「A」

秋華賞2023 予想コラム一覧

追い切り診断

◆【追い切り診断】リバティアイランドを上回る「S」の最高評価 「ローズSを見送った効果は絶大」

◆【追い切り診断】リバティアイランドがまさかの……「B」辛口評価 「唯一敗戦のアルテミスSと同じ」

◆【追い切り診断】マスクトディーヴァに並ぶ高評価の伏兵 「使われてさらに迫力を増した感あり」

Advertisement


騎手データ

◆【騎手】ハーパー&ルメールJは馬券内率75%の“鉄板級” 想定11人気の大穴に「5割」の好走確率

データ分析

◆【データ攻略】人気一角に「5.0.0.0」 “勝率100%”条件発動で穴党もギブアップか

◆【データ攻略】人気一角に“リバティアイランド級の信頼度” 「馬券内率80%」条件に雨上がりの馬場なら……

◆【データ攻略】“マジックキャッスル級の大穴”が浮上 「1.2.1.1」条件でリバティアイランドのヒモ穴警戒

◆【データ攻略】想定5人気以下に“馬券内率100%” 最高の枠順でリバティアイランドに一矢報いる

血統予想

◆【血統予想】リバティアイランドの相手に“単勝100倍超え”爆穴 「3.2.2.3」馬券内率70%でヒモ候補浮上

穴馬予想

◆【穴馬】「リバティアイランドはじっくり追い出す……ならば」 想定“6人気”前後の刺客

Advertisement


◆【穴馬】「ハーパーが人気なら、明らかに過小評価」 単勝オッズ“100倍”万馬券の使者

◆【穴馬】「マスクトディーヴァより、この馬に重い印を打つべき」 前日“8人気”前後の盲点

◆【WIN5予想】リバティアイランド以外も“一点突破”可能なレースあり 山場は東京11R

◆【危険な人気馬】トライアル好走の一角に“消し”判断 「春のクラシック対戦歴がないと分が悪い」

10/14~15 重賞全頭診断

◆【秋華賞2023/全頭診断】リバティアイランド相手に「1.3.0.0」条件合致の穴馬浮上

◆【府中牝馬S2023/全頭診断】コスタボニータに“消し”の選択も 穴候補は「3.2.1.2」条件合致の古豪

枠順傾向・過去データなど

◆【枠順】ハーパーの1枠は3人気以内でも「0.1.1.4」 妙味は複回収値“124”の外枠にあり

◆【前日オッズ】リバティアイランドが単勝1.1倍の大本命 「1→2、3→5人気以下」の法則に合致

◆【前走ローテ】リバティアイランドの相手は“3頭” 「抽選突破ならノーチャンスではない」

◆【脚質傾向】三冠狙うリバティアイランドは“余裕でアーモンドアイ級” 差し・追込はロンスパ必須

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。