【秋華賞/穴ライズ】「ハーパーが人気なら、明らかに過小評価」 単勝オッズ“100倍”万馬券の使者

 

【秋華賞/穴ライズ】「ハーパーが人気なら、明らかに過小評価」 単勝オッズ“100倍”万馬券の使者

■ドゥアイズ

5月のオークス以来、今回が5カ月ぶり。前走はスタンド前からの発走ということもあり、戦前からイレ込んでいた。当初はメンコを外してレースに臨む予定だったが、着用したままゲートインするも、その効果も見られず出遅れ気味のスタート。最後方追走で道中も力んでおり、最後までまったく競馬になっていなかった。情状酌量の余地は十分で、9着も仕方なし。

◆【秋華賞2023予想/データ攻略】人気一角に「5.0.0.0」 “勝率100%”条件発動で穴党もギブアップか

2走前の桜花賞は、内ラチ沿いをロスなく立ち回り、直線では馬群を縫うようにジワジワと脚を伸ばして5着。この馬らしい競馬で掲示板に浮上した。昨年暮れの阪神ジュベナイルFは前が壁になりながらの3着と、戦前から消耗していたオークスを除けば、強敵相手に大舞台で対等に渡り合っている。クイーンSでは今回人気のハーパーのクビ差2着。相手が府中巧者だった点を考えれば、この人気差は明らかに過小評価と見る。

キレ味で劣るが、その分パワーと持続力を待ち合わせたタイプで、タフな流れになれば面白い。馬場が渋れば2歳時の洋芝・札幌で見せた底力も発揮できる。夏の休養で幼さが抜け、馬体と精神力は成長した。ゲートでチャカつかず、スタートを決めて前々につけられれば、巻き返しがあっていい。

◆【秋華賞2023予想/穴馬アナライズvol.3】「マスクトディーヴァより、この馬に重い印を打つべき」 前日“8人気”前後の盲点

◆【秋華賞2023予想/騎手データ】ハーパー&ルメールJは馬券内率75%の“鉄板級” 想定11人気の大穴に「5割」の好走確率

◆【秋華賞2023予想/追い切り診断】ハーパーらオークス組より上の高評価「A」 「前走以上の力強さと気持ちの乗り」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。