Advertisement

【天皇賞・秋/前走ローテ】ドウデュースに「0.0.0.4」 “押さえるべき”想定9人気以下の穴馬

 

天皇賞過去10年の前走ローテ
天皇賞過去10年の前走ローテ

29日に東京競馬場で行われる第168回天皇賞・秋(GI、芝2000m)のデータを紹介する。

春秋グランプリ制覇を遂げてGI4連勝中のイクイノックス、ドバイターフ取消後からの始動戦となるドウデュース、宝塚記念3着のジャスティンパレスや、札幌記念を制して国内GI初挑戦のプログノーシスら、豪華メンバーが集結。

ここでは過去10年のデータから予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【天皇賞秋2023予想/追い切り診断】ドウデュースを上回る「S」の最高評価 「フルにパフォーマンスを発揮できる」

■春のGI組が中心

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

勝ち星を挙げているレースに偏りはないものの、9月のGIIを使っている組よりも春GIからの直行組が優勢。安田記念組の2勝はGI9冠のアーモンドアイで、2、3着にはグランアレグリアやダノンプレミアムなど生粋のマイラー達がスピードを活かし、東京2000mで台頭している。

宝塚記念組は2017年の勝ち馬キタサンブラックと14年2着のジェンティルドンナが前走9着からの巻き返し。前走2桁着順以外であれば好走可能とのデータだ。安田記念直行組が不在の今年は、宝塚記念組のイクイノックスジャスティンパレスが中心となるだろう。

・安田記念【2.2.1.3】勝25.0%、連50.0%、複62.5%
・毎日王冠【2.1.5.35】勝4.7%、連7.0%、複18.6%
・ダービー【2.0.1.2】勝・連40.0%、複60.0%
・宝塚記念【1.3.2.12】勝5.6%、連22.2%、複33.3%
・札幌記念【1.2.0.16】勝5.3%、連・複15.8%
・オールカマー【1.0.0.18】勝・連・複5.3%
・京都大賞典【1.0.0.14】勝・連・複6.7%
・天皇賞春【0.1.0.3】勝0.0%、連・複25.0%
・大阪杯【0.1.0.0】勝0.0%、連・複100%
・セントライト記念【0.0.1.0】勝・連0.0%、複100%

次点は毎日王冠組だが、2014年以降は勝ち馬が出現していない。近年主流となっている、ゆとりあるローテが好まれる点が影響しているのだろう。同組からは4、5歳馬の活躍が多く、その成績は【2.1.4.13】勝率10.0%、複勝率35.0%に上る。3着に入った2019年アエロリットや18年キセキはこのローテだった。前走はソングライン、シュネルマイスターといったGI馬相手に差のない競馬をしたアドマイヤハダルは押さえておいてもいいかもしれない。

Advertisement


UMAJIN.net「競馬サロン」無料キャンペーン

■前走・海外組は……

毎日王冠組を連対率で上回るのが札幌記念組。このうち前走2番人気以内の馬は【1.2.0.4】で、2022年は前走2番人気だったパンサラッサが当日7番人気ながらイクイノックスの2着に激走した。スーパーGIIと言われるだけあって、そこで上位評価されていた馬ならチャンスはある。札幌記念を2番人気で勝利したプログノーシスの勢いと、7着に敗れたものの1番人気だったジャックドールの巻き返しには要警戒だ。

スターズオンアース(※回避)は前走・ヴィクトリアマイル組。安田記念から挑んだアーモンドアイ、グランアレグリアはヴィクトリアマイルを勝利して安田記念→天皇賞・秋へと進んでいる。間隔をあけてフレッシュな状態で臨めるのは好材料だが、前述2頭とはローテーションが異なる点は頭に入れておきたい。

最後に、イクイノックスとの再対決に注目が集まるドウデュース。同馬はドバイターフを左前肢跛行により出走取消。今回が8カ月半ぶりのレースとなる。前走海外組は【0.0.0.4】と、サンプル数が少ないものの、結果は出ていない。2014年クイーンエリザベス2世Cから挑んだエピファネイアと22年プリンスオブウェールズSから挑んだシャフリヤールはそれぞれ当時4歳で、3歳時にはダービー2着と1着の実績。ともに海外遠征後、初戦のこのレースを凡走して次走のジャパンCで好走していた。ドウデュースもそのパターンに当てはまる可能性はありそうだ。

天皇賞(秋)2023 予想コラム一覧

馬券攻略ガイド

◆【天皇賞秋2023】予想に役立つ馬券攻略ガイド 出走予定馬、予想オッズetc.

追い切り診断

◆【追い切り診断】ドウデュースを上回る「S」の最高評価 「フルにパフォーマンスを発揮できる」

◆【追い切り診断】打倒・イクイノックスの一角は辛口「B」の低評価 「機敏さや柔らか味で若干物足りなさ」

Advertisement


◆【追い切り診断】ドウデュースを超える高評価「A」 「四肢の伸びも抜群で大幅に気配上昇」

◆【追い切り診断】イクイノックスに迫る「A」の高評価 「CW追いを解禁し伸び脚も豪快」

データ攻略

◆【データ攻略】イクイノックスとプログノーシスの「100 or 0%」 人気馬2頭の明暗とは

◆【データ攻略】ジャックドールとガイアフォースの「100 or 0%」 穴馬2頭の評価が真っ二つ

10/28~29 重賞全頭診断

◆【天皇賞秋2023/全頭診断】ドウデュースに「5.0.0.0」 人気一角には「0.0.0.15」で“消し”選択も

◆【スワンS2023/全頭診断】想定10人気以下に「3.0.2.1」 波乱含みのGII戦

◆【アルテミスS2023/全頭診断】「この馬の前走には驚かされた」 想定4人気以下にロックオン

穴馬予想

◆【危険な人気馬】上がり最速がウリも……“消し”材料となる「4.0.0.13」のピンパー要素

◆【WIN5】イクイノックスとドウデュースの片方は“消し” WIN2~4は2点に絞り少点数で攻略

血統予想

◆【血統予想】単回収値300超+馬券内率52%条件 「想定7人気以下の2頭は買い」

枠順・人気・過去10年データなど

◆【全頭プロフィール】イクイノックスvs.ドウデュース 2強に割って入る「6.0.0.0」の刺客

◆【枠順】イクイノックスの6枠7番は単回収値「212」 馬券内率8.3%の“鬼門”にGI馬

◆【脚質傾向】その豪脚はイクイノックスと同等 「7/10」勝ち馬輩出のデータとは?

◆【人気傾向】イクイノックスに鬼門データ “単勝オッズ1倍台”なら……優勝馬ゼロ

◆イクイノックスの“資格と刺客” 「この先を含め負けるとすれば、ここしかない」

◆「天覧競馬と、ドウデュースと武豊」 11年前に見たダービー馬の意地と最敬礼の残像

(SPREAD編集部)

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン