【菊花賞/データ攻略】人気ガタ落ち重賞馬に「2.0.1.0」 “勝つための戦法”でラスト一冠獲り

 

【菊花賞/データ攻略】人気ガタ落ち重賞馬に「2.0.1.0」 “勝つための戦法”でラスト一冠獲り

今週は京都競馬場で菊花賞(芝3000m)が行われる。春のクラシック戦線でタイトルを分け合ったソールオリエンスタスティエーラが3度目の激突。前哨戦の神戸新聞杯を制したサトノグランツを含めた三つ巴の様相を呈している。

ここでは、過去10年のうち阪神開催だった2021~22年を除く2011~2020年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析。「穴馬データ」としてファントムシーフを取り上げる。

◆【菊花賞2023予想/追い切り診断】ソールオリエンスを上回る「S」の最高評価 「張りのある馬体で気配絶好」

■ファントムシーフ×非関東圏は馬券内率100%

ホープフルSから数えて4度目となるGI。早い時期からクラシック戦線のど真ん中を歩んでいるのがファントムシーフだ。皐月賞3着→ダービー8着とやや不本意な結果に終わった春競馬のリベンジを誓う1頭。GIIの前走敗戦を受けて4人気以下が予想されるが、今回はこれまでのGIとは異なる舞台がキーワードとなる。

・非関東圏の成績【2.0.1.0】

この条件での馬券内率は100%。関東圏から脱出したファントムシーフは信頼度アップであることを示すデータだ。

前走神戸新聞杯は逃げる競馬で3着。差す競馬だった春2戦が厳しい結果に終わったことで“勝つための戦法”に舵を切ったとの見方ができそうだ。惨敗と隣り合わせの脚質転換とはいえ、何かをしなければ勝つことは難しい。後方待機が予想されるソールオリエンス、春のGI2戦が4角4番手だったタスティエーラが早め先頭の競馬をすることは考えにくく、得意の関西圏で臨むここは春競馬のうっぷんを晴らす絶好のシチュエーションと捉えたい。

菊花賞2023 予想コラム一覧

追い切り診断

◆【追い切り診断】ソールオリエンスがまさかの……「B」辛口評価 「前進気勢がやや強く、距離の壁が立ちはだかるかも」

Advertisement


◆【追い切り診断】ソールオリエンスを上回る「S」の最高評価 「張りのある馬体で気配絶好」

◆【追い切り診断】タスティエーラに迫る「A」の高評価 「前走以上の好気配で親仔制覇へ挑めそう」

◆【追い切り診断】サトノグランツに並ぶ高評価は想定“6人気”前後 「成長カーブ急上昇 充実しまくりの感」

データ攻略

◆【データ攻略】「ソールオリエンスとタスティエーラの二択なら……」 あのゴルシも該当の“10年中5勝”条件

◆【データ攻略】人気一角に「4.0.1.0」 “馬券内率100%”条件合致で無双モード突入

◆【データ攻略】穴馬ザクザクの“前走芝2200m組” 「2.1.2.2」条件発動でアリストテレスの再現も

穴馬予想

◆【穴馬アナライズvol.1】「ソールオリエンスとタスティエーラが牽制し合えば」 想定“9人気”前後の刺客

Advertisement


◆【穴馬アナライズvol.2】「サトノグランツが人気なら、この馬も侮れず」 単勝オッズ“20倍”想定の盲点

◆【穴馬アナライズvol.3】「あの走りがフロック視されるなら、妙味たっぷり」 前日“8人気”前後の穴馬

◆【危険な人気馬】“消し”は皐月賞馬かダービー馬か 「菊戴冠の厳しさを歴史が物語る」

◆【WIN5】メインはソールオリエンス“消し” WIN4も末脚自慢の「一点突破」で少点数勝負

血統予想

◆【血統】ゴールドシップ、オルフェーヴル輩出の“爆穴配合” 牡馬戦線の台風の目に

騎手データ

◆【騎手データ】狙いはソールオリエンスでもなく“3強以外” 「馬券内率100%ジョッキー」とは……

10/21~22 重賞全頭診断

◆【菊花賞2023/全頭診断】ソールオリエンスに「0.0.1.24」の危険信号 軸候補は「4.0.1.0」該当の非GI馬

◆【富士S2023/全頭診断】馬券妙味は「2.1.0.0」条件合致の5歳馬 ブランク明けステラヴェローチェの評価は

馬場・枠順傾向・過去データなど

◆【馬場情報】京都芝は“外差し”傾向 前日7人気2着のドゥラメンテ産駒に警戒

◆【枠順】タスティエーラの4枠「0.0.1.15」も逆転可能 サトノグランツはプラスアルファで“馬券内率70.6%”

◆【前走ローテ】タスティエーラに「0.0.0.5」 軸候補は“馬券内率70%”データ該当馬

◆【前日オッズ】ソールオリエンスが単勝2.9倍で不動の人気 上位人気ワンツー決着はゼロ

◆【脚質傾向】ソールオリエンスは“追込”なら黄信号 阪神→京都開催で4角位置取りが明暗分ける

◆皐月賞馬vs.ダービー馬“8対2の歴史”と“83分の2の確率”……それでも、今年はタスティエーラを推す理由

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。