Advertisement

【エリザベス女王杯/脚質傾向】サリエラ、ブレイディヴェーグに”勝機” 京都は瞬発力重視

 

【エリザベス女王杯/脚質傾向】サリエラ、ブレイディヴェーグに"勝機" 京都は瞬発力重視
[過去10年(阪神開催の2020~22年除く)]エリザベス女王杯の脚質傾向

11月12日に京都競馬場で行われる第48回エリザベス女王杯(GI、芝2200m)のデータを紹介する。

府中牝馬Sでは逃げて待望の重賞初タイトルを手にしたディヴィーナ、これまでのキャリアでは全て上がり3F32~33秒台をマークする鋭い末脚が武器のサリエラブレイディヴェーグ、長くいい脚を使う秋華賞3着のハーパーらがエントリー。

ここでは過去10年のうち阪神開催の2020~22年を除くデータから予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【エリザベス女王杯2023特集】予想に役立つ馬券攻略ガイド 本命穴馬予想、追い切り、過去10年データ傾向、予想オッズetc.

■本来のエリ女はスローの瞬発力勝負

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

過去7年、逃げ【0.2.0.5】、先行【1.4.1.19】、差し【6.1.6.43】、追込【0.0.0.34】。差し馬が勝率10.7%と抜けた成績を収めている。

上がり順位別成績を見てみると、1位は【4.0.3.4】勝率36.4%、複勝率63.6%と好調。一方で2~3位は【0.1.1.11】で、上がり4~5位の【2.1.1.14】よりも成績は悪かった。ちなみに6位以下は【1.5.2.72】と、速い上がりが使えなくても好走可能となっている。

阪神で行われた近3年は追い込みが決まる消耗戦となっていたが、京都開催だった2019年は、1000m通過が62秒8で中団から上がり最速の32秒8をマークしたラッキーライラックが勝利し、2、3着には前々で競馬したクロコスミアとラヴズオンリーユーが入った。京都開催時は基本的にスローペースで、ある程度の位置から差し脚を伸ばせるタイプが台頭しやすい傾向だ。

フルゲート割れで確固たる逃げ馬不在の今年は、そこまでペースが流れるとは考えづらく、スロー寄りになりそう。そういった流れを想定した場合に展開が向きそうなのはアートハウスか。差し馬が多いメンバー構成なので、ある程度のポジションをすんなり取れそうなのは好材料。骨折明けだがここを目標に調整され、気配は良好。血統的にも晩成開花に期待できる。

Advertisement


一方、瞬発力勝負になった際の決め手という点では、頭までと考えるならサリエラブレイディヴェーグルージュエヴァイユあたりにチャンスが向きそうだ。

エリザベス女王杯2023 予想コラム一覧

馬券攻略ガイド

◆エリザベス女王杯馬券攻略ガイド 本命穴馬予想、追い切り、過去10年データ傾向、予想オッズetc.

騎手データ

◆【騎手データ】ルメールJ苦手コースか “馬券内率83.3%”で軸にすべきは……

追い切り診断

◆【追い切り診断】ジェラルディーナを上回る「S」の最高評価 「操縦性と精神面はかなりのレベル」

◆【追い切り診断】ジェラルディーナがまさかの……辛口評価「B」 「手を抜くことを覚えてしまったか」

◆【追い切り診断】ブレイディヴェーグに迫る「A」の高評価 「仇敵不在のここでビッグタイトル獲得」

Advertisement


◆【追い切り診断】ハーパーと並ぶ高評価は4歳世代の一角 「充実期の今なら、大駆け注意」

データ攻略

◆【データ攻略】「83 or 0%」該当はハーパーと”単勝10倍超”の穴馬

◆【データ攻略】人気一角は”消し”も……ジェラルディーナの「75 or 0%」

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】「過去10年7勝の4歳馬で、相手に入れたい1頭」 単勝オッズ“2桁”想定

◆【穴馬アナライズ】「サリエラと遜色ないポテンシャルで軽視禁物」 想定“10人気”前後の盲点

◆【穴馬アナライズ】「ディヴィーナが人気なら……この馬も再評価」 前日“8人気”前後の刺客

◆【WIN5予想】メインはディヴィーナと想定“2桁人気”の1頭 オーロCも穴馬2頭で高配当狙い

◆【危険な人気馬】名手×前走好走の3歳一角は“消し” 「8頭中6頭の条件を満たさず」

血統予想

◆【血統予想】GI未勝利馬が単回収値「164」 ラッキーライラックも該当の特注データ

11/11~12 重賞全頭診断

◆【エリザベス女王杯】想定8人気以下に「2.0.1.0」 ”前走は参考外”の穴馬候補

◆【デイリー杯2歳ステークス】「凡走があっても驚けない」想定2人気以内の馬とは

◆【武蔵野ステークス】人気一角に「4.0.0.0」該当も……当日の馬場がカギ

◆【福島記念】軸候補に「3.0.1.1」 雨予報で波乱必至か

枠順・前日オッズ・過去10年データ傾向など

◆【枠順】人気3歳馬に“馬券内率100%” 「回収値140超」の枠に穴馬がイン

◆【前日オッズ】今年は“波乱要素大” 4人気以下の伏兵に勝利のチャンス

◆“ブレイディヴェーグに宿る「クイーンの血」 女王の座に届かなかった母たちの“再戦”

◆“第二のオンナ”に伸るか反るか……牝馬三冠世代に挑んだ3歳牝馬の記憶

◆“R.ムーア騎手、ムチの使用回数超過処分に不服申立てで「保留」 エリ女のジェラルディーナは騎乗可

◆【全頭プロフィール】連覇狙うジェラルディーナ 「2.0.0.0」の穴馬も虎視眈々

◆【人気傾向】ブレイディヴェーグは“複勝率83.3%”の条件合致か、人気馬ワンツーはわずか1回

◆【前走ローテ】ハーパーに「0.0.1.10」 単勝回収値「337」の4歳牝馬とは……

◆【エリザベス女王杯2023予想】芸能人・著名予想家の本命馬・注目馬予想まとめ

(SPREAD編集部)

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン