【MLB】大谷翔平に「レンジャーズ移籍はやめて」米メディアがエンゼルスファンの願い代弁 同地区ライバルに行かれたら……

 

【MLB】大谷翔平に「レンジャーズ移籍はやめて」米メディアがエンゼルスファンの願い代弁 同地区ライバルに行かれたら……
エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

フリーエージェント(FA)となった大谷翔平投手の去就が連日話題となっている。

情勢としては、ロサンゼルス・ドジャースが新天地本命ということで見解はほぼ一致。“古巣”ロサンゼルス・エンゼルスも再契約を目指しているが、残留の可能性は限りなく低い。あきらめムードが漂う中、エンゼルス専門メディアは「移籍するなら、せめて同地区ライバルチームはやめて」とファンの気持ちを代弁した。

◆大谷翔平の移籍先として「適さない6球団」を選出 相性の悪さ1位は… 米メディアがランク付け

■地元紙「アナハイムに戻る可能性低い」

MLB公式サイトがGM会議(現地9日に閉幕)に集まった関係者のうち、14人の意思決定者に大谷の新天地を予想してもらったところ「14人中10人がドジャース」と答えたという。また、米スポーツメディア『The Athletic』は「ワールドシリーズを制したテキサス・レンジャーズが史上最高額で契約する。ドジャースとシアトル・マリナーズが次点」と予想した。

エンゼルスも有力候補に負けまいと再契約を目指しているようで、GM会議に出席したナ・リーグ球団幹部も「彼らがオオタニのために一生懸命努力していることは知っている」とコメントした。しかし旗色は悪く、地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』は「アナハイムに戻る可能性は低い」と指摘し、その他の米複数メディアも「開幕日は別のチームのユニフォームを着ているだろう」と伝えた。

形勢不利を認めたエンゼルス専門サイト『Halos Today』は「ファンにとってオオタニがクロスタウンのドジャースでプレーするのを見るのはつらい。しかし、これから数年間エンゼルスと同地区のライバルチームでプレーすることになれば、チームにとってもっとひどいことになる。ワールドシリーズで優勝したレンジャーズがオオタニを加えれば、エンゼルスは非常に困難な状況になる」と記した。

■「せめてア・リーグ西地区以外の球団とサインを」

『The Athletic』が報じたレンジャーズ移籍が現実になれば、ア・リーグ西地区の世界王者はますます強力になり、大谷が去ったエンゼルスは弱体化必至。記事には移籍するにせよ、せめて同地区ライバルは避けてほしいという思いが込められた。

ア・リーグ西地区にはレンジャーズとエンゼルスのほか、マリナーズやヒューストン・アストロズ、オークランド・アスレチックスが所属。チーム再建中のアスレチックスを除けば、強豪が揃っている。

同サイトは「エンゼルスのファンは、オオタニがチームを去る場合、同地区のライバル球団に加わらないことを希望している。ア・リーグ西地区のいずれかのチームに加わった場合、エンゼルスの競争力は低下する。だから、彼にはア・リーグ西地区以外の球団とサインすることを望んでいる」と記し、獲得に乗り出すとされるレンジャーズやマリナーズへの加入回避を懇願した。

Advertisement


ア・リーグ西地区に限らず、大谷の移籍先次第で各リーグのパワーバランスが変わる可能性は十分。それが、移籍市場が白熱している一因となっている。

◆「フルコートプレスをかける」大谷翔平獲得へ向けてジャイアンツがまい進 「見込みがない」レッドソックスは争奪戦から撤退か

◆大谷翔平争奪戦へシカゴ・カブス急浮上の背景 「時計の針を巻き戻したい」と編成本部長 6年前には獲得ならず

◆「史上最恐トリオの誕生」なるか 大谷翔平の新天地オッズを米メディアが報道 「サプライズな着地点にも注目」

文●SPREAD編集部