イナイレファンが思わず二度見?市和歌山監督の名前に注目

3月28日、第91回選抜高校野球甲子園大会6日目の日程が行われ、第2試合で市立和歌山高校(和歌山)と高松商業高校(熊本)が対戦した。

試合は6-2で市和歌山が見事勝利。そんな中、野球ファンが気づかなかったであろう意外な人物に注目が集まっている。

同姓同名の奇跡

注目が集まっているのは、市和歌山の半田真一監督。この名前を聞いて思わず反応してしまう方もいるだろう。

じつは半田監督、 人気ゲーム・アニメである「イナズマイレブン」に登場するキャラクターと同姓同名なのだ。

イナズマイレブンは劇場版アニメや舞台作品にもなった超人気作品。そのため、この半田監督の名前を聞いて、思わず驚いた方も多かった様子だ。

ちなみに、半田監督率いる市和歌山は2016年に夏の甲子園に出場。その際はイナズマイレブンファンと思われる方から「二度見した」との報告がある。

≪関連記事≫

智弁和歌山、ジョックロックなしで大勝…「聞けなかったんだよ、残念」と語るファンも

智弁和歌山が新曲「YAMATO」をついに甲子園初披露!

【甲子園】近江と智弁和歌山の“魔曲”対決…ファイヤーボールとジョックロックが試合を盛り上げる

習志野高校が高須クリニックのCMソングを応援歌に!高須院長も反応

明石商業の得点テーマ「笑点」にファンの注目集まる「めちゃくちゃおもろいやん」

東邦のロッテ応援を大阪桐蔭ブラバンが演奏…異色の3団体コラボが実現

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします