Advertisement

【マイルCS/WIN5予想】シュネルマイスターは“消し” 穴馬「一点突破」のWIN4がカギ

 

【マイルCS/WIN5予想】シュネルマイスターは“消し” 穴馬「一点突破」のWIN4がカギ

19日にマイルチャンピオンシップ(GI、京都芝1600m)を含めたWIN5対象レースが行われる。

JRAが指定する5つのレースで1着馬を当てるWIN5は、過去に5億円超えの高額配当を記録したこともある、まさに夢の馬券。先週は的中票数27票、払戻金1,646万8,660円という9月24日以来の1,000万超えの高配当を記録した。

ここでは対象レースの過去10年データをベースに、WIN5を攻略する。

◆【マイルチャンピオンシップ2023特集】予想に役立つ馬券攻略ガイド/出走予定、予想オッズetc. 「GI馬2騎を上回る追い切り評価『S』出現」

■シュネルマイスターを抑えた馬で勝負

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

秋のマイル王決定戦。ここでは過去10年のうち京都開催となった7年分のデータから分析する。

まず人気傾向を見ると、1番人気の勝率は0%。2009年のカンパニーを最後に優勝からは遠ざかっている。改修工事前最後の京都開催となった2019年も最終直線で3番人気のインディチャンプが抜け出て本レースを制しており、上位人気馬は実力が拮抗している傾向が強い。

脚質傾向では差しが最多4勝、次点で追込の2勝、逃げが1勝。しかし、後方待機組は仕掛けのタイミングが遅れると先頭に届かない可能性もある。特に今回は逃げ・先行馬も多く、中には毎日王冠で優勝したエルトンバローズもおり、もし前の隊列がすんなり決まれば、そのまま前が残る決着もあり得る。

今回の狙い目は、現在4連勝中のエルトンバローズと逃げたときに粘りを見せそうなバスラットレオンの2頭。エルトンバローズは前走・毎日王冠で4番手の好位追走から、ソングラインやシュネルマイスターといった末脚自慢たちを抑えての1着。前走同様の展開に持ち込めば、さらに連勝を伸ばす可能性も高いと見た。

Advertisement


バスラットレオンはすんなりハナを取れた場合に怖い存在。今年2月の1351ターフスプリントでも逃げ切りで勝利しており、最終直線では粘り強さも見せた。また今秋のGIはここまで順当決着となっており、そろそろ荒れるレースになってもいい頃合いだ。ここは現在想定最低人気の激走にもかけてみたい。

■WIN4は一点突破

今回警戒すべきは、WIN4東京11R・霜月S。平均3連単配当額は37万4,421円と大荒れ傾向にあり、上位人気馬が足元をすくわれるレースも多い。今回はここが山場と見る。

まずWIN1東京10R・秋色Sは芝1600mの開催となった2021年、22年のデータから分析。直線が長い東京ということもあり、2年連続で道中8番手から10番手に控えた馬が上がり3F最速で制している。ここは前走・鷹巣山特別を上がり最速で制したニシノライコウ、前走・三年坂Sで3番手の好位から上がり3位の末脚を見せたモズゴールドバレル、GI出走実績もあるミシシッピテソーロの3頭で突破を狙う。

続くWIN2京都10R・近江特別は過去10年、11月に行われた2勝クラスの京都芝2000m(全10鞍)を参考に分析。脚質傾向を見ると、逃げ1勝、先行7勝、差し1勝、追込1勝と前が止まらない傾向だ。ここはハンデ戦ということもあり、荒れる可能性も考慮して先行馬を手広く押さえておく。

WIN3福島11R・福島民友Cは過去10年のうち、ダート1700mで行われた8年間のデータから分析。人気傾向を見ると1番人気が2勝を挙げており、残り6勝は5番人気を除く2~8番人気で1勝ずつ分けている。脚質では先行が5勝、差し2勝、追込1勝とやや前が有利な傾向だ。ここも混戦が予想されるため、手広く先行力のある馬を押さえておく。

注目のWIN4東京11R・霜月Sは人気傾向を見ると、1、2番人気で【6.3.0.11】で勝率30.0%、連対率45.0%と優秀な実績を残しており、基本的には実力のある馬が制している傾向だ。しかし、思わぬ伏兵に足元をすくわれることも多く、2014年には10番人気のジョヴァンニ、15年には11番人気のマルカフリートが制したこともあった。

Advertisement


今回上位人気が予想されるパラレルヴィジョンとデシエルトはいずれも芝からの転向組。東京ダ1600mであれば芝スタートのため、スピードを生かせるが今回はすべてダート。番狂わせの可能性も大いにあり得る。それであれば、同条件下で行われた前走・ペルセウスSで3着に好走したフルムが今回も好走すると見た。WIN4はフルム一点で勝負する。

WIN1:ニシノライコウ、モズゴールドバレル、ミシシッピテソーロ
WIN2:ウインスノーライト、サクセスドレーク、ショウナンアデイブ、スカーズ
WIN3:スレイマン、ユティタム、リキサントライ
WIN4:フルム
WIN5:エルトンバローズ、バスラットレオン

計72点

マイルチャンピオンシップ2023 予想コラム一覧

馬券攻略ガイド

◆予想に役立つ馬券攻略ガイド/出走予定・枠順・オッズetc. 「GI馬2騎を上回る追い切り評価『S』出現」

騎手データ

◆【騎手データ】勝率57%の“穴メーカー”に要警戒 ルメールJと川田Jは相手まで

追い切り診断

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る「S」の最高評価 「V意識の絶好気配」

◆【追い切り診断】ソウルラッシュに並ぶ高評価の実績馬 「実戦に直結する稽古内容」

◆【追い切り診断】セリフォスに並ぶ高評価でGI奪取へ 「この相手でも勝ち負け期待」

◆【追い切り診断】人気GI馬が辛口「B」評価 「前走の反動か……半信半疑の状態」

データ攻略

◆【データ攻略】GI馬2頭に“とてつもない明暗” 「100 or 0%」で遠のく勝利

◆【データ攻略】「80 or 0%」該当は富士S組2頭 「偶然では済まされない相性」

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】「前走は参考外、一発の可能性は十分」 単勝オッズ“30倍”前後の爆穴

◆【穴馬アナライズ】「潜在能力はGI級、マイルで素質開花か」 前日“10人気”前後の盲点

◆【穴馬アナライズ】「前走内容から、ここも軽視はできない」 想定オッズ“2桁”の妙味

◆【危険な人気馬】「ローテも血統も勝率0%のWパンチ」 前哨戦Vの一角は“消し”判断

血統予想

◆【血統予想】想定4人気以下に単複回収値「100超え」 父と母に宿る”京都の鬼”

11/18~19 重賞全頭診断

◆【マイルチャンピオンシップ】想定3人気以下に「4.0.1.1」 “馬券内率83%”該当の軸候補

◆【東京スポーツ杯2歳ステークス】「ソールオリエンス級」の怪物候補 来年のクラシック見据える出世レース

枠順・前日オッズ・過去10年データ傾向など

◆【枠順】内外イーブンも人気一角の明暗分かれる “連対率50%”該当馬は……

◆【前日オッズ】単勝2.9倍以下なら「連対率100%」 今年は“少点数の狙い撃ち”可能

◆“GIレベル”オルフェ産駒ソーヴァリアント 兄を凌ぐ屈強な男へ

◆【人気傾向】ソウルラッシュに“黄信号” 4人気以下「5勝3着7回」でヒモ荒れ注意

◆【脚質傾向】連対馬12頭に“馬券内ポジション” 阪神と京都の違い

◆【前走ローテ】セリフォスは“馬券率60%” ぶっつけでも狙える理由とは……

◆芸能人・予想家のマイルCS本命・注目馬予想まとめ 「エリ女王杯の的中者は?」

文●塚本元気(SPREAD編集部)

8月~11月WIN5結果一覧

8月~11月WIN5結果一覧

8月~11月WIN5グラフ

8月~11月WIN5グラフ


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン