【FIGHT CLUB】白川陸斗vs.ケルベロスは、ラスト1分“白熱の殴り合い” 朝倉未来軍団の初戦は悔しいドロー決着

 

【FIGHT CLUB】白川陸斗vs.ケルベロスは、ラスト1分“白熱の殴り合い” 朝倉未来軍団の初戦は悔しいドロー決着
FIGHT CLUB official photo (C)RISE

オープンフィンガーグローブ(OFG)着用の立ち技格闘技イベント「FIGHT CLUB」が19日、都内にて行われ第5試合の「木村“ケルベロス”颯太 vs. 白川陸斗」は、激戦の末、両者倒れずドロー決着となった。

◆「引退ですね」朝倉未来、YA-MANにKO負け後「自分が何者かもわからない」と深刻なダメージと胸中を明かす

■ラスト1分間は激しい殴り合い

YA-MAN軍団vs.朝倉未来軍団の初戦は激戦の末、ドロー決着となった。

第1ラウンドは両者冷静な立ち上がり。遠めの距離から勝機を探り合い大きな動きはなし。第2ラウンド、木村のカーフで足が流れる白川。プレッシャーをかけた木村が距離を詰め寄り、得意の接近戦で白川に的確に強打を当てる。カーフを嫌がる白川だが目は生き生きとして見える。

最終ラウンド、カーフを放ちつつ攻める木村。ともに倒しに行くという気迫の漂う“瞬き厳禁”の接近戦へ。互いに顔面を狙う激しい殴り合いに発展し、ラスト1分は互いにKOを狙うパンチの打ち合いとなった。

しかし、結果はどちらも倒れずドロー決着。互いに立ち続け、気持ちの強さにより勝敗はつかなかった。

試合の様子は「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて全試合生中継されている。

◆【FIGHT CLUB】「考える前に行った」YA-MANはなぜ朝倉未来を“77秒殺”できたのか……衝撃ダウンに実況「えげつない倒れ方」

◆「折れた感じがする」左足粉砕でグニャリ……“衝撃”111秒殺で担架搬送 第1戦から波乱の幕開け

Advertisement


◆「まだ行けるって!」絶叫の中、無念のドクターストップ…… 前口太尊が“元年俸120円Jリーガー”にTKO勝ち

(A.Kudo/SPREAD編集部)