【MLB】大谷翔平、ブルージェイズ電撃加入に接近か… 現地記者がトロント入りの可能性に言及「立場を劇的に向上させた」

 

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

フリーエージェントとなり去就が注目されている大谷翔平投手。さまざまなチームによる争奪戦が展開されてきたが、ここに来て有力候補にトロント・ブルージェイズが浮上している。

◆大谷翔平の移籍先として「適さない6球団」を選出 相性の悪さ1位は… 米メディアがランク付け

■ドジャースなどが有力候補も…

大谷の近況について報じたのが『MLBネットワーク』のジョン・モロシ記者。8日(日本時間9日)に自身のX(旧ツイッター)を更新。「ジェイズはここ数日でオオタニに関する立場を劇的に向上させた」とロサンゼルス・ドジャースやエンゼルスとの再契約も候補に挙がったなか、ブルージェイズが有力候補にあがったとみている。

さらに、モロシ記者は「ショウヘイ・オオタニはトロントへ向かう途中」と大谷がブルージェイズの本拠地であるトロントへ向かうと示唆した。これに関しては大谷のマネジメント側からは発表がなく、モロシ記者も「オオタニはどのチームともまだ契約を結んでいない」と述べている。

移籍先決定に近づいていると報道されているなか、ここに来て急浮上したブルージェイズ。はたして大谷の電撃加入は見られるのか。

◆大谷翔平、去就巡る情報錯綜で世界のSNSトレンド入り MLBの枠を超え全米スポーツ界がウェルカム

◆大谷翔平がブルージェイズに必要とされる4つの理由 米敏腕記者が指摘する“急浮上”の背景とは

◆大谷翔平を「もっとも必要としている球団」をランキング “争奪戦本命”ドジャースが10位に沈み、1位は……

(Y.Imoto/SPREAD編集部)

Advertisement