【有馬記念/データ攻略】「枠関係なく、馬の力で買える」実力馬 “馬券内率80%”でグランプリ制覇へ

 

【有馬記念/データ攻略】「枠関係なく、馬の力で買える」実力馬 “馬券内率80%”でグランプリ制覇へ

今週は中山競馬場で有馬記念(芝2500m)が行われる。有力馬が外枠を引き当てたことで、難易度がさらに増した感がある今年。馬場傾向や血統、データなど混戦ムードを断ち切るための材料があるに越したことはない。

ここでは、過去10年データからタスティエーラシャフリヤールのダービー馬2頭にフォーカスした「83 or 0%」データを取り上げる。

◆【有馬記念2023予想/追い切り診断】タスティエーラらを上回る「S」の最高評価 「前走から数段上の気配でV候補」

■タスティエーラに【1.1.2.1】の好データ

春はダービーを制し、前走菊花賞は2着。世代トップクラスの称号を得て大一番に臨むのがタスティエーラだ。ほとんどのレースで人気以上の着順をマークする安定感が魅力の1頭。初の古馬相手での力差が気になるところだが、半信半疑の声を一蹴するデータがこちら。

・前走菊花賞2着内馬の成績【1.1.2.1】

5戦中4戦で馬券内の“80%データ”に該当。2016年にサトノダイヤモンドが勝利を飾り、それぞれ4番人気だったキタサンブラック、ワールドプレミアが3着に入るなど本レースと抜群の相性を示しているのだ。

この馬について補足すると、中山芝を使われた2戦ともに連対。皐月賞は馬場悪化による極端な外差し馬場だったが、早め先頭から先行勢で唯一掲示板内を確保する強い競馬だった。鞍上は世界を股にかける歴戦の強者R.ムーア。やや外めの枠がカギとなるが、1コーナーを迎えるまでにインの好位を取りきれるようなら勝機は見えてくる。

■シャフリヤールにのしかかる【0.0.0.14】

タスティエーラとは対照的に“0%データ”に該当してしまったのがシャフリヤールだ。3歳時に日本ダービー制覇、4歳にはドバイシーマクラシックを制するなどワールド・ワイドな活躍をみせる馬。絶好の内枠を引き当てたダービー馬の復活に期待がかかるが、越えるべき壁は決して低くない。

Advertisement


・年内にGI連対歴のないディープインパクト産駒【0.0.0.14】

のべ10頭以上が馬券外の“0%データ”に抵触。当日3番人気に支持されていたカレンブーケドールやGI好走から臨んだミッキークイーン、ジャスティンパレスなど粒揃いだったが、全頭が馬券外に沈んでいる。直近のGI連対歴を持たないディープインパクト産駒にとって鬼門と言えるデータだ。

シャフリヤールは今回が自身初の中山。前述のダービーやドバイシーマクラシックに加えて、2年連続で馬券内に入ったジャパンカップと左回りの芝2400m付近がスイートスポットであることは間違いないだろう。豪華メンバーが集結した有馬記念において、データ上は“消し”と言わざるを得ない。

有馬記念2023 予想コラム一覧

特集コンテンツ

【馬券攻略ガイド】出走予定・枠順、予想オッズetc.「追い切り評価『S』と『B』で真っ二つ」

【2023年サイン馬券】世界No.1ホースに憧れるのはやめて、世相のアレから推しの子を探す

【2023年サイン馬券】サインは「ドジャース馬券」で確定か 大谷翔平に続く山本由伸のド軍入りで再燃

騎手データ

【騎手データ】勝率“8割超”2騎のワン・ツーに現実味 ドウデュース武豊Jは2、3着候補か

Advertisement


追い切り評価

【追い切り診断】タスティエーラらを上回る「S」の最高評価 「前走から数段上の気配でV候補」

【追い切り診断】人気GI馬に不満の「B」評価 「安定感のある馬だが……崩れるシーンも想定」

【追い切り診断】ジャスティンパレスに迫る高評価の3歳馬 「古馬初対戦でも争覇圏入り可能」

【追い切り診断】スターズオンアースを上回る高評価 「さらなるパワーアップで文句なしの好気配」

データ分析

【データ攻略】人気盲点3歳馬が“馬券内率100%”条件合致 見落とせない「激走のサイン」

【データ攻略】好走率「83 or 0%」 該当はハーパーと”単勝50倍超”想定の穴馬

穴馬予想

【穴馬アナライズ】「激走サインは前走、不振脱却で一発あり」 想定“10人気”以下の爆穴

【穴馬アナライズ】「超抜追い切りで、万馬券の使者になる」 単勝オッズ“90倍超”の盲点

【危険な人気馬】JC善戦の一角に“消し” 勝ち馬10/10の共通点に該当せず「決して頭勝負では狙えない」

【WIN5予想】スターズオンアース“消し” 次期ヒーロー候補2頭 WIN3は上がり馬「一点突破」

タイトルホルダーの“一人旅”にあらず 展開利から浮上は「中山芝2500mドンピシャ」の刺客

12/23~24 重賞全頭診断

【有馬記念】スルーセブンシーズに「4.1.2.0」 人気一角は「0.0.0.16」で“消し”も

【阪神カップ】想定7人気以下に「3.0.0.0」 “覚醒警戒”の穴馬は

血統予想

【血統予想】想定8人気以下に「単回収値280」 “穴党が熱視線”の激走候補

ローテ・脚質・過去10年データなど

6年前の忘れもの タスティエーラの鞍上R.ムーアが挑む“イヴのリベンジ”

【枠順傾向】5枠が3連勝中 命運を握る枠順抽選会の行方は……

【人気傾向】スターズオンアースら上位4歳勢に“勝率6%” 唯一プラス収支の本命候補は?

【前走ローテ】タスティエーラかソールオリエンスか “馬券内率85%”ベタ買い推奨の3歳馬は……

【脚質傾向】タイトルホルダーは“今年こそ”軽視禁物 境目となる「61秒6」

【随時更新中】芸能人・著名人の予想まとめ

芸能人・予想家の有馬記念「本命・注目馬」まとめ一覧

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。