ナイキ新キャンペーンフィルムに大坂なおみが登場!“雑音”を消し去りサーブを打ち込む

4月19日、ナイキが“2019 Just Do It”キャンペーンの開始を発表した。このキャンペーンは、スポーツで自信や力を手に入れる女性を称えるというもの。

今回のキャンペーンに合わせ、ナイキはキャンペーンフィルム「JUST DO IT. うごきだす、それだけ」を作成した。

映像の中では「周囲の目を気にしたり失敗することを恐れたり」で、スポーツに踏み切れない女性の葛藤が描かれる。

そんな女性の前にプロスケートボーダーの西村碧莉選手や、バスケットボールの馬瓜エブリン選手、そしてプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手などが登場。

西村碧莉選手
重本沙絵選手

各選手の活躍にあわせ、「自分の本当の声にかたむけて、うごきだす、それだけ」というメッセージを描写していく……という内容だ。

女性アスリートたちの力強いプレーや面持ちは、スポーツに踏み切れない女性たちにとって「こんなにカッコよくなれるんだ」と思わせる説得力満点。

特に、映像終盤に登場し“社会に潜む雑音”を消し去ってサーブを打ち込む大坂選手の姿は、多くの女性を勇気づけるものだろう。

大坂なおみ選手

また、ナイキではトレーニングやランニング等のスポーツイベント“TOKYO AFTER DARK”を随時開催中。

このイベントは「他人の目を気にせずスポーツに参加すること」を促すものだ。キャンペーンフィルムに心動かされた人は、積極的に参加することをおすすめする。

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします