Advertisement

【中山記念/枠順】ソールオリエンスに“複勝率8%”の暗雲 5枠より外の伏兵に好走チャンス

 

2024年中山記念の枠順
2024年中山記念の枠順

JRAは23日、第98回中山記念(GII、芝1800m)の枠順を発表した。

世代上位馬ソールオリエンスは2枠3番、開幕週の馬場を味方につけたいエルトンバローズは5枠9番、同一重賞3勝目を狙うヒシイグアスは3枠5番から発走する。

◆【中山記念2024予想/追い切り診断】ヒシイグアスを上回る「S」の最高評価 「ギアチェンジ後の切れはさすが」

■複回収値100超えは3枠&5枠

過去10年、最多勝利、最多連対数を誇るのが3枠で【3.2.2.7】勝率21.4%、複勝率50.0%。中山記念で2勝を挙げるヒシイグアスは過去2回は5枠、7枠からの発走だったが、今年は3枠を引き当てた。スタートが上手で先行意識のあるキング騎手なら、2021年の時のような競馬をしてくれそうだ。

次点は2勝、4連対の5枠【2.2.0.10】連対立28.6%と安定感を見せる。ちなみに複勝回収値100以上をマークするのは3枠と5枠だけだ。2021年のヒシイグアスや18年のウインブライトが5枠から先行して押し切っており、エルトンバローズにとって好枠と言えるだろう。

ソールオリエンスの入った2枠は【0.0.1.11】複勝率8.3%と、全枠のなかで最も成績が悪い。また同馬については、揉まれず運べるかどうかがポイントで、そういう意味でも不向きな枠か。

■多頭数こそ外めの枠

11頭立て以下の少頭数で行われることもしばしばある中山記念だが、今年はフルゲート。そこで14頭立て以上で行われた4回における、枠別成績を見てみると、1~4枠が【2.1.2.21】、このうち3枠が【2.1.2.3】で他は全滅。5~8枠が【2.3.2.25】で、3枠を除いた内めの枠より外枠の馬券絡みが多かった。小回り中山の開幕週となると、きれいな内を求めて、外枠各馬が先行して進路を取ったり、直線では詰まって不利を受けやすいことが影響しているのかもしれない。

今年は比較的人気サイドが内めの枠に入っており、5枠より外の伏兵にチャンスが回ってきそうだ。ちなみに5~8枠のうち、偶数馬番【1.2.2.28】に対して奇数馬番は【3.6.4.25】と圧倒的。毎年少なくとも1頭が馬券に絡んでいる。好枠に入った5枠9番のエルトンバローズはもちろん、13番枠に入った中山金杯3着馬マイネルクリソーラに警戒したい。

Advertisement


中山記念2024 予想コラム一覧

特集

◆【馬券攻略】「先行馬が圧倒的有利も外枠好走は多数」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【馬券攻略】芸能人・予想家の「中山記念」本命・注目馬予想まとめ 「11人気1着ペプチドナイルをズバリ指名」

◆【馬券攻略】中山記念2024大口投票パトロール「エルトンバローズの単勝に100万円か」

◆【馬券攻略】「トリッキーな中山巧者はだれだ」 単回収値100超の“ベタ買い”ジョッキー

◆【高配当メソッド】昨年は3連単12万馬券 1人気は「3.0.0.7」の劣勢 フルゲート伏兵多数で“高め”チャンス

騎手データ

◆【騎手データ】“連対率63%”単複回収値150オーバー 伏兵もバンバン連対圏へ導く名手は?

追い切り評価

◆【追い切り診断】ヒシイグアスを上回る「S」の最高評価 「ギアチェンジ後の切れはさすが」

Advertisement


◆【追い切り診断】打倒・ソールオリエンスの一角は辛口「B」の低評価 「まだ若干重苦しい状態」

◆【追い切り診断】高評価「A」は想定10人気以下 「このデキなら勝ち負けがあっても」

◆【追い切り診断】エルトンバローズを超える高評価「A」 「攻めの本気度が今年は違う」

データ・過去傾向

◆【データ攻略】外枠でも押さえるべき“馬券内率71%”ホース 「3.1.1.2」ローテで急浮上

◆【データ攻略】即消し厳禁の“忘れそうな穴馬” 「2.2.0.0」該当でソールオリエンス斬りへ

◆【前走ローテ】ヒシイグアスが“人気上位総崩れ”データ該当 想定単勝20倍台の伏兵に「3.1.1.1」で本命視

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】「ソールオリエンスが人気ならこっちが……」 単勝オッズ“2桁”以上の妙味

◆【穴馬アナライズ】「ヒシイグアスと遜色ない中山巧者」 想定“10人気”前後の爆穴

◆【穴馬アナライズ】想定“6人気”以下の盲点 「サウスポーと決めつけると痛い目に遭う」

◆【WIN5予想】エルトンバローズ“消し” 重賞2鞍は前走大敗馬狙い「2度目の億超えへ」

◆【危険な人気馬】中山実績上位も“消し” 「0.0.0.34」で馬券圏内皆無 「開幕週はマッチしない」

(SPREAD編集部)