Advertisement

森田理香子が圧巻“4連続”バーディなどで「69」 通算1アンダーで6年ぶりの決勝ラウンドへ

 

森田理香子が圧巻“4連続”バーディなどで「69」 通算1アンダーで6年ぶりの決勝ラウンドへ
森田理香子(C)Getty images

女子ゴルフの「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」(沖縄県、琉球ゴルフ倶楽部/6595ヤード、パー72)は1日、第2ラウンドが行われ、6年ぶりの復帰戦となる森田理香子が、5バーディ、2ボギーの「69」とスコアを伸ばし、決勝ラウンド進出を決めた。

◆【実際の映像】2013年の賞金女王が帰ってきた!森田理香子が13番から4連続バーディの猛チャージ!

■森田理香子が4連続バーディなどでスコアを伸ばす

森田は初日2オーバーと出遅れたが、第2ラウンドは元賞金女王としての貫禄を見せた。

10番からスタートした森田は、出だしから3ホールはパーと安定したスタートを見せる。その後14番でこの日初のバーディを決めると、15番、16番、17番とショットがピンに絡み、なんと4連続でバーディ。一気に2アンダーまでスコアを伸ばして後半へ向かう。

後半に入るとややショットが乱れるシーンもあったが、アプローチとパターでしのぎ、6番までパーでしのぐ。7番の難しいパー5でボギーとしたが、直後の8番パー3では長いパットをねじ込みバウンスバックに成功。最終9番はティーショットを右に曲げ深いラフへ入れてしまい惜しくもボギーとしたが、それでも3つスコアを縮める上々のプレーを見せ、6年ぶりの決勝ラウンドへ向かう。

Advertisement


現在森田は通算1アンダー、暫定20位タイ。明日のプレー次第では2017年のニトリレディス以来となるトップ10入りの可能性も見えてきた。2013年の賞金女王は決勝ラウンドでもスコアを伸ばせるか。

◆【実際の映像】2013年の賞金女王が帰ってきた!森田理香子が13番から4連続バーディの猛チャージ!

◆森田理香子が記録した驚きの「300ヤード」 6年ぶりでも衰えない“美スイング”で飛ばし屋たちをおいてきぼりに

Advertisement


◆「泣きそうになりました」 復帰戦の森田理香子は岡本綾子登場に驚き

(G.Tsukamoto/SPREAD編集部)

おすすめPR

META POG

Advertisement



Advertisement