Advertisement

【弥生賞/穴ライズ】想定オッズ“80倍”前後の爆穴 「レースをイメージすると展開向く」

 

【弥生賞/穴ライズ】想定オッズ“80倍”前後の爆穴 「レースをイメージすると展開向く」

■シリウスコルト

福島の芝1200mでデビューしたシリウスコルトは、2戦目に芝1600mの新潟2歳S、3戦目に芝2000mの芙蓉Sと、徐々に距離を延ばしている。2走前の芙蓉Sでは、道中は好位追走から、勝負どころでじわじわとポジションを上げていき、直線の坂下で抜け出してそのまま押し切ってみせた。これが自身2勝目となっている。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2024予想/穴馬アナライズvol.3】「この下馬評なら買いの一手」 想定“5人気”前後の伏兵

前走のホープフルSは、中団の内ラチ沿いに構えて進行。3、4角ではコーナーワークを利して先行集団に取り付き、一瞬抜け出してきそうな場面もあったが、そこからは脚色が一緒になり6着に敗れている。

ここまで4戦2勝。敗れた2戦は新潟2歳Sと前述のホープフルSだが、いずれも横一線からの切れ負けという競馬。一方、勝った芙蓉Sを見ても、少頭数で早めに動く競馬になると渋太く、レースをイメージすると今回は展開が向きそうだ。このコースでの適性も証明済みなだけに、一発があってもおかしくない存在と言える。

「弥生賞2024」予想・馬券攻略コラム一覧

特集

◆【馬券攻略】「前走1着馬は勝率70%、前走2着のシンエンペラーは……」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

Advertisement


◆【馬券攻略】芸能人・予想家の「弥生賞2024」本命・注目馬予想まとめ 「3連単54万円の中山記念上位3頭を指名!」

◆【馬券攻略】「弥生賞2024」大口投票パトロール「シンエンペラーの単勝に205万円か」

Advertisement


◆【高配当メソッド】シンエンペラーは勝率1割ゾーンか 1人気5連敗中で“馬単勝負”に妙味あり

騎手データ

◆【騎手データ】“連対率50%超え”ジョッキーが3名浮上 「1.1.1.0」に該当のイチオシは?

追い切り評価

◆【追い切り診断】トロヴァトーレを上回る「S」の最高評価 「1週前追いズレ込みも問題なし」

◆【追い切り診断】シンエンペラーに迫る「A」の高評価 「闘志満々の雰囲気で抜かりのない仕上げ」

◆【追い切り診断】想定10人気前後に高評価「A」 「操縦性の高さと素軽さは一級品」

◆【追い切り診断】2戦2勝の一角にまさか「B」の低評価 「精神面を考えるとリスキーな攻め」

データ分析・過去傾向

◆【枠順傾向】無傷3連勝狙う一角に“連対率60.0%”データ該当 「ヒモ荒れなら内枠勢に警戒」

Advertisement


◆【データ攻略】シンエンペラーとダノンエアズロックの「100 or 0%」 人気馬2頭の明暗とは

◆【データ攻略】2戦2勝馬に“馬券内率83%”該当 GI級のラップで「シンエンペラー斬り」へ

◆【前走ローテ】ルメールJ騎乗馬に「0.1.1.23」 シンエンペラー“馬券内率100%”合致も付け入る隙あり

穴馬予想

◆【穴ライズ】「この下馬評なら買いの一手」 想定“5人気”前後の伏兵

◆【穴ライズ】「前走大敗が嫌われるならシメシメ」 想定“6人気”以下の盲点

◆【WIN5予想】シンエンペラーに“不穏なデータ”狙いは昇級戦組の1頭 大阪城Sは想定2桁人気の大穴も

◆【危険な人気馬】前走快勝も“消し” 「0.2.0.13」の勝ち切れないキャリアと疑問が残るレースレベル

その他コラム

◆“3強の一角”に単勝205万円の大口投票か 前売り午前から「百万単位」でオッズが動く

◆GIホース候補の“2戦2勝馬”たち 過去にはディープインパクトも 「皐月賞馬ジオグリフ超え」の好時計に注目

◆GI好走馬が右トモの違和感 「新たな3強対決か」サンライズジパングが出走回避へ

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement