Advertisement

【MLB】「これは倍速?」“足”でも魅せた大谷翔平、フリーマンが舞台裏を明かす「得点圏に入ってくれたら……」

 

【MLB】「これは倍速?」“足”でも魅せた大谷翔平、フリーマンが舞台裏を明かす「得点圏に入ってくれたら……」
ドジャース・大谷翔平(C)ロイター

ドジャース大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、米アリゾナ州グレンデールでのホワイトソックス戦に「2番DH」で先発出場。3打席に立ち、適時打含む2打数2安打1打点1四球と躍動した。

◆【実際の映像】「エンドレスで見てしまう……」大谷翔平の気持ちの良い“快速”には中毒性あり 春季トレーニングの成果か「走塁フォームもスピードも全然違う」

■「『得点圏に入ってほしい』と伝えていた」

オープン戦打率.583と絶好調の大谷が、足でも魅せた。

初回無死一塁で遊撃手への内野安打で出塁した大谷。一、三塁とチャンスを広げた場面で、フレディー・フリーマン内野手がレフトフライを放つと、一塁から果敢にタッチアップして進塁に成功した。

さらに2回2死一、二塁の場面では中前へのタイムリーを放ち、再び一、三塁の好機を演出。一塁上で「ヘルメット・タッチ」などオープン戦からチーム内で浸透し始めたパフォーマンス2つを繋げた“新パフォーマンス”をお披露目した大谷は、フリーマンの初球で走り、オープン戦初盗塁を記録した。

Advertisement


足でも大活躍した大谷に対し、海外ファンからは「スプリント・トレーニングの効果が見えてきた気がするね」「40盗塁を獲得する可能性もある」「このサイズの人がこれほど速く動くのか……」という驚きのコメントが上がった。

一方、国内のファンも「やっぱり全然走塁フォームもスピードも違う 今日絶好調」「走塁トレーニングの成果が!!しゅてき」「これは倍速??走るトレーニングに本腰を入れた大谷翔平の更なる進化楽しみすぎる」「エンドレスで見てしまう」と、骨抜きにされているようだ。

試合後には2番打者・大谷に続き、3番を務めるフリーマンがインタビューに応じた。

Advertisement


現地メディア『SportsNet LA』によると、フリーマンは「僕たち(大谷とフリーマン)は走塁について話し合っていた。オオタニには『いつ走ってもいい。盗塁してくれたら、毎回僕は見送るよ。得点圏に入ってほしい』と伝えていた。だから大谷には100盗塁して欲しい」と答えたという。

大谷の“足”がドジャースの2番打者としてどのように生きるのか、今後も注目したい。

◆【実際の映像】「エンドレスで見てしまう……」大谷翔平の気持ちの良い“快速”には中毒性あり 春季トレーニングの成果か「走塁フォームもスピードも全然違う」

◆【動画あり】大谷翔平、“新パフォーマンス”でも二刀流!? 「シャキーンからのコツン」にファン悶絶

◆「眼福です……」大谷翔平、203cmのイケメン同僚と“手の大きさ”を比較 微笑ましい姿に実況も思わず吹き出し笑い

(A.Kudo/SPREAD編集部)

おすすめPR

META POG

Advertisement



Advertisement