Advertisement

【金鯱賞/WIN5予想】ドゥレッツァ“消し”実績十分の2頭 フィリーズレビューは想定2桁オッズの穴馬「一点突破」

 

【金鯱賞/WIN5予想】ドゥレッツァ“消し”実績十分の2頭 フィリーズレビューは想定2桁オッズの穴馬「一点突破」

10日に金鯱賞(GII、中京芝2000m)を含めたWIN5対象レースが行われる。

JRAが指定する5つのレースで1着馬を当てるWIN5は、過去に5億円超えの高額配当を記録したこともある、まさに夢の馬券。先週は的中票数24票、払戻金2077万5110円の高配当を記録。荒れ模様の週末が続いている。

ここでは対象レースの過去10年データをベースに、WIN5を攻略する。

◆【金鯱賞2024予想】「1人気想定ドゥレッツァに馬券内率100%」出走予定・枠順、予想オッズ、過去データ・傾向

■菊花賞馬に不安要素

大阪杯の前哨戦となる金鯱賞。ここでは過去10年のうち現行条件となった2017年以降のデータから攻略する。

Advertisement


過去7年の人気傾向を見ると1番人気が【5.1.1.0】勝率71.4%。ほぼ人気通りの決着となることが多い。しかし、2021年には10番人気のギベオンがデアリングタクトを押さえて逃げ切り勝利と思わぬ伏兵の好走も考えられる。

現在想定1番人気はドゥレッツァだが、菊花賞を制した馬が次走で勝利した例は2016年のサトノダイヤモンドまで遡り、タイトルホルダーやコントレイル、さらにはディープインパクトですら達成していない。次走の格の違いはあるが、このデータを見るとやや不安は残る。

Advertisement


また2000年以降の関東馬による金鯱賞制覇は、2015年のミトラ1頭のみ。春GIへの前哨戦や輸送面、4歳牡馬世代の力関係など考慮すると、ドゥレッツァには相当な不安がつきまとい、今回は思い切って消しとする。

今回のメンバーではプログノーシスと2年2カ月ぶりの復帰戦となるヨーホーレイクを狙いたい。プログノーシスは昨年の天皇賞秋で3着に好走するなど実力は申し分ない。ヨーホーレイクは2022年の日経新春杯を勝利後、屈腱炎で長期休養。2年2カ月ぶりの実戦となるが、最終追い切りはブランクを感じさせない動きを見せた。

金鯱賞は実力馬のプログノーシスと復活勝利を目指すヨーホーレイクの2点で攻略する。

■フィリーズレビューは想定2桁オッズの穴馬

今回警戒すべきは、WIN4阪神11R・フィリーズレビュー。桜花賞のトライアルとなる本レースは、過去10年の平均3連単配当額が24万9758円と荒れ模様となっている。

過去10年の人気傾向を見ると、1番人気が【1.3.0.6】と不振傾向にある。一方で2番人気4勝、8番人気3勝、12番人気1勝と穴馬の激走が目立つ。

前走クラス別成績を見ると、前走GI組は【2.6.3.19】と意外にも実力を示せていない。一方で前走オープン特別(リステッド競走のみ)組は【3.0.0.11】で勝率21.4%を記録。勝利した3頭は前走で4着以内に入る好走を見せている。

この条件を考慮すると、現在想定8番人気のロゼフレアが狙い目となる。今年の3歳芝重賞における3連単の平均配当額は32万8116円の大荒れ。本レースも番狂わせが起こる可能性は十分だ。

Advertisement


今回は伏兵ロゼフレアで一点突破を狙う。

その他、WIN1からWIN5の注目馬は以下の通り。

WIN1・阪神10RオークランドTRT:グリューヴルム、ダノンブレット、レッドプロフェシー、エクセスリターン
WIN2・中山10R東風S:ディオ、モントライゼ、ホウオウビスケッツ
WIN3・中京11R金鯱賞:プログノーシス、ヨーホーレイク
WIN4・阪神11Rフィリーズレビュー:ロゼフレア
WIN5・中山11RアネモネS:ソルトクィーン、エリカエスティーム

計48点

金鯱賞2024 予想コラム一覧

特集

◆【馬券攻略】「1人気想定ドゥレッツァに馬券内率100%」出走予定・枠順、予想オッズ、過去データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 「弥生賞6人気1着コスモキュランダ指名の強者現る」

◆【まとめ】「金鯱賞」大口投票パトロール「ドゥレッツァの複勝に100万円か」

◆【高配当メソッド】「人気馬につけ入る隙」 3連単78万馬券など、波乱の立役者は“逃げ馬”

騎手データ

◆【騎手データ】伏兵一角の鞍上に“勝率60%”、“単回収値402” 「狙うなら頭」のベテランジョッキーは?

追い切り評価

◆【追い切り診断】ドゥレッツァを上回る「S」の最高評価 「厩舎力がモノを言う“栗東滞在”で、文句なしの好気配」

◆【追い切り診断】プログノーシスを超える高評価「A」 「集中度合いは申し分なく、ほぼ万全の状態」

◆【追い切り診断】昨年よりも質・量ともに凌駕する高評価 「心身ともにレベルアップで勝ち負け」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞ウイナーが「B」の低評価 「本来の素軽さが感じられない」

データ・過去傾向

◆ドゥレッツァに“勝率0%”データで「荒れる予感」 穴党もニヤリの「前代未聞の低レベル」世代説浮上

◆【枠順傾向】プログノーシスに「0.0.0.11」の可能性 “馬券内率60%超え”馬格と枠に恵まれた軸候補

◆【データ攻略】「6.0.1.0」合致の鉄板級ホース 「この馬向きの展開になる」人気でも逆らえない強豪は

◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率100%」条件合致 “左回り無敗”でイクイノックス後の最強馬へ

◆【前走ローテ】プログノーシスに“馬券内100%”データ該当 タイトル奪取狙う伏兵にも警戒

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】「4走前が本来の姿、開幕週でこそ妙味タップリで押さえ推奨」 想定“8人気”以下の盲点

◆【穴馬アナライズ】「ダービー上位馬をねじ伏せた破壊力は本物、この人気なら買って損なし」 単勝オッズ20倍前後想定の穴馬

◆【穴馬アナライズ】「百戦錬磨の名手が狙う先行→激走のビジョン、即消し判断はNG」 想定“9人気”前後の伏兵

◆【危険な人気馬】“消し”はドゥレッツァか、プログノーシスか……「不安要素を挙げればキリがない」

文●塚本元気(SPREAD編集部)

WIN5結果一覧

WIN5結果一覧

WIN5グラフ

WIN5グラフ

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement