Advertisement

【金鯱賞/追い切り診断】ドゥレッツァを上回る「S」の最高評価 「厩舎力がモノを言う“栗東滞在”で、文句なしの好気配」

 

【金鯱賞/追い切り診断】ドゥレッツァを上回る「S」の最高評価 「厩舎力がモノを言う“栗東滞在”で、文句なしの好気配」

■ノッキングポイント

【中間調整】昨年は毎日杯2着、日本ダービー5着、そして新潟記念を勝利と存在感を発揮。クラシックのラスト1冠・菊花賞はドゥレッツアに2秒以上突き放された15着に沈んだものの、2周目4コーナーで下がってきた馬の影響でゴチャつき、まともに番手を下げる不利があった。そもそも3000mは長かった印象があるし、度外視していい大敗だろう。その後は放牧で疲れを癒し、適条件と言えるここで今期初戦を迎えることに。

今回は2月上旬に美浦へ戻り、順調に立ち上げられている。その後、早めに栗東へ移動して、2週前追いから現地での調整をスタート。1週前のCW併せ馬には駆け付けた戸崎騎手が騎乗し、帯同させた同厩の古馬2勝クラスと追走併入した。時計は圧巻の5F65秒1(強め)。

◆【金鯱賞2024予想/追い切り診断】プログノーシスを超える高評価「A」 「集中度合いは申し分なく、ほぼ万全の状態」

【最終追い切り】レース当週も栗東CWで併せ馬。負荷は軽めで、3歳未勝利を相手にバランス調整に徹したような内容だった。先行した相手になんなく取り付くと、貫禄の違いを見せるようにアオり、そのまま楽々と併入。気合い乗りは抜群の域にありそう。

【見解】環境変化に動じず3週続けて栗東CWで軽快な動きを披露。馬自身の性格や充実ぶりもあるだろうが、やはり栗東滞在での調整経験が豊富な木村厩舎ゆえの、知見の蓄積といった厩舎力が大きくモノを言っているのかもしれない。その厩舎サイドのコメントは“久々なので……”と慎重気味ではあるが、最終追いで感じさせた気迫から割引く必要はなさそう。文句なしの好気配。

総合評価「S」

金鯱賞2024 予想コラム一覧

特集

◆【馬券攻略】「1人気想定ドゥレッツァに馬券内率100%」出走予定・枠順、予想オッズ、過去データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 「弥生賞6人気1着コスモキュランダ指名の強者現る」

Advertisement


◆【まとめ】「金鯱賞」大口投票パトロール「ドゥレッツァの複勝に100万円か」

◆【高配当メソッド】「人気馬につけ入る隙」 3連単78万馬券など、波乱の立役者は“逃げ馬”

騎手データ

◆【騎手データ】伏兵一角の鞍上に“勝率60%”、“単回収値402” 「狙うなら頭」のベテランジョッキーは?

追い切り評価

◆【追い切り診断】プログノーシスを超える高評価「A」 「集中度合いは申し分なく、ほぼ万全の状態」

◆【追い切り診断】昨年よりも質・量ともに凌駕する高評価 「心身ともにレベルアップで勝ち負け」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞ウイナーが「B」の低評価 「本来の素軽さが感じられない」

データ・過去傾向

◆ドゥレッツァに“勝率0%”データで「荒れる予感」 穴党もニヤリの「前代未聞の低レベル」世代説浮上

Advertisement


◆【枠順傾向】プログノーシスに「0.0.0.11」の可能性 “馬券内率60%超え”馬格と枠に恵まれた軸候補

◆【データ攻略】「6.0.1.0」合致の鉄板級ホース 「この馬向きの展開になる」人気でも逆らえない強豪は

◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率100%」条件合致 “左回り無敗”でイクイノックス後の最強馬へ

◆【前走ローテ】プログノーシスに“馬券内100%”データ該当 タイトル奪取狙う伏兵にも警戒

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】「4走前が本来の姿、開幕週でこそ妙味タップリで押さえ推奨」 想定“8人気”以下の盲点

◆【穴馬アナライズ】「ダービー上位馬をねじ伏せた破壊力は本物、この人気なら買って損なし」 単勝オッズ20倍前後想定の穴馬

◆【穴馬アナライズ】「百戦錬磨の名手が狙う先行→激走のビジョン、即消し判断はNG」 想定“9人気”前後の伏兵

◆【WIN5予想】ドゥレッツァ“消し”実績十分の2頭 フィリーズレビューは想定2桁オッズの穴馬「一点突破」

◆【危険な人気馬】“消し”はドゥレッツァか、プログノーシスか……「不安要素を挙げればキリがない」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。