Advertisement

【RIZIN.46】3対3の日韓戦は“序章”? 韓国メディアは「全面戦争を開始」と報道 ROAD FC「年内に大規模イベントを準備」

 

【RIZIN.46】3対3の日韓戦は“序章”? 韓国メディアは「全面戦争を開始」と報道 ROAD FC「年内に大規模イベントを準備」
(C)RIZIN FF

総合格闘技団体「RIZIN」は12日、4月29日開催の「RIZIN.46」有明大会の追加対戦カード発表記者会見を行い、『日韓戦』3試合の開催を正式に発表した。

◆“壮絶なKO負け”した朝倉未来の愛弟子の試合が有明大会にスライド「両選手と話をして……」

■「今回の3対3の対抗戦を皮切りに……」

榊原信行CEOは、『中島太一 vs. キム・スーチョル』『神龍誠 vs. イ・ジョンヒョン』『倉本一真 vs. ヤン・ジヨン』の日韓対抗戦3カードを正式に発表した。

榊原CEOは、「『ROAD FC』と対抗戦をする気はない。日本vs.韓国の『日韓戦』として3試合」と強調。「『BLACK COMBAT』での韓国人選手の活躍や、韓国でのMMAの熱が盛り上がってきていることも含めて、色んなところからRIZINに声が掛かるのですが……」と舞台裏を明かしつつ、「今回は、日韓戦3試合」と、含みは持たせたが、今後についての言及はなかった。

この記者会見後に、韓国メディア『SPOTVニュース』は「ROAD FCのキム・スーチョル、ヤン・ジヨン、イ・ジョンヒョンがRIZIN出場……4月29日に日韓プライド対決」と題した記事を投稿。

記事では「ROAD FCを代表するファイターたちが総出動する」とし、「RIZINは日本最大の総合格闘技団体。ROAD FCは今年、RIZINと全面戦争を開始する。今回の3対3の対抗戦を皮切りに、今後ROAD FCの選手たちがRIZINに渡って日本選手たちと対戦する予定だ」と報じた。

さらに、ROAD FC公式は「RIZIN FFとの対抗戦と、ヘビー級タイトル戦など大規模イベント準備」とのタイトルで、記事を挙げ、「ROAD FCは、RIZINとの対抗戦から(韓国の)国内大会まで、2024年のビッグイベントを準備している」と発表した。

また、日本で記者会見が行われたのと同時間帯には、ROAD FCの公式YouTubeチャンネルで、キム・スーチョルら出場選手3人がライブ配信を行い、試合についてコメントし、ファンと交流する時間をもうけていた。

23日の神戸大会では、韓国の女子格闘家で第2代ROAD FC女子アトム級王者のシン・ユリが、“ツヨカワクイーン”RENAとの対戦でRIZINデビューを飾る。榊原CEOからは「『ROAD FC』と対抗戦をする気はない」との発言もあったが、果たして年内にビッグイベントは実現するのか。続報が待たれる。

Advertisement


◆「朝倉未来vs.平本蓮が実現したら……」ムエタイ3階級制覇王者・吉成名高が勝敗予想 それぞれの“打撃力”を高評価

◆「平本蓮とかもいいんだけど……」朝倉未来が考える“華のある選手”とは 絶対的エース不在のRIZINに違和感「新しい人が出ないと」

◆朝倉未来、平本蓮、鈴木千裕らRIZIN勢は現在何位? 【最新世界フェザー級ランキング】

(A.Kudo/SPREAD編集部)