Advertisement

【インタビュー】「日本のエースに」16歳の大器・松島輝空が語る覚醒と描く未来 タレント軍団で挑むTリーグ制覇「木下で戦えるのが楽しい」

 

【インタビュー】「日本のエースに」16歳の大器・松島輝空が語る覚醒と描く未来 タレント軍団で挑むTリーグ制覇「木下で戦えるのが楽しい」
インタビューに応じた松島輝空 素材提供:KSM

■「1番はチキータの技術」

松島とKM東京が挑むのがTリーグ・プレーオフファイナル。22日には琉球アスティーダと岡山リベッツのセミファイナルが行われ、この2チームによる勝者と23日に顔を合わせる。リーグで首位を争った琉球には、日本代表でともにプレーする張本智和という絶対的なエースがいる。「チームワークがよくて、張本選手、吉村(真晴)選手、中国選手もいて揃っている」と印象を語り、「張本選手以外をどう崩せるかはカギ」と琉球対策について語る。

タレントが揃うKM東京のなかで、期待の存在として評価を高める松島はプレーオフでも活躍が期待される。プレーオフに向けては、「みんながやらないストイックなプレーは特徴的。1番はチキータの技術なので見てほしい」と自らの持ち味をアピール。また、選手として目指す今後については、「世界ランキング1桁」と、具体的な目標を明言。世界の舞台でも物おじしないプレーと同様に、言葉からも高い志が窺えた。

日本男子のなかで、次世代を担う存在に成長した松島。昨年は琉球に譲った2年ぶり4度目のプレーオフ制覇に向けて、KM東京の救世主になれるかは注目。そして、その先に見据えるのは世界トップ選手への道のり。「20代までにチャンピオン」、「日本のエースとしてロス五輪を戦う」と、そこに至るまでの具体的なプランも語っていた松島。これからの卓球界を背負う存在として、さらなる飛躍を遂げられるかが楽しみだ。

「世界ランキング1桁」と目標を掲げた松島輝空 素材提供:KSM

◆【インタビュー】「卓球より勉強が大事」15歳・張本美和が語った過去、今、未来 家族と女王への想い…見据える世界一「五輪金が最大の夢」

◆琉球の“エース”張本智和、PO準決勝の岡山戦は「苦しい試合になる」 警戒も「明日は万全」と勝利宣言

◆平野美宇が言及した昨季との違い 「集大成として頑張る」とPO2連覇に向けて意気込む

取材・文●井本佳孝(SPREAD編集部)