Advertisement

【RIZIN】「私はまだ強い」41歳ブアカーオ、約4年半ぶりのKO勝ち 皇治は「やっぱりかっこ良いですね」と感嘆、次戦は安保瑠輝也と対戦か

 

【RIZIN】「私はまだ強い」41歳ブアカーオ、約4年半ぶりのKO勝ち 皇治は「やっぱりかっこ良いですね」と感嘆、次戦は安保瑠輝也と対戦か
(C)RIZIN FF

総合格闘技イベント「RIZIN LANDMARK 9 in KOBEライジンランドマーク8)」は23日、神戸ワールド記念ホールにて開催。第3試合の「ブアカーオ・バンチャメーク vs. 木村“フィリップ”ミノル」は、ブアカーオが2ラウンド1分10秒でKO勝ちを収めた。

◆【実際の動画】皇治も感激「やっぱりかっこ良いですね、ブアカーオ……」強烈ワンツーに沈んだ木村ミノルに、レフェリーストップ! 観客からの大歓声&拍手を受け、ブアカーオが咆哮

■次戦は安保瑠輝也と対戦か

元K-1の安保瑠輝也、平本蓮の目前で9カ月ぶりの復帰戦に挑んだ木村。実況席の皇治が「格闘家がしていいステロイドは努力だけですよ」という言葉と同時に始まったこの試合で、無念のKO負けを喫した。

第1ラウンド、木村は打撃でレジェンドを押す。しかし実況席の皇治は「後半行ったら、ブアカーオですよ」「避け方上手いなあ」とブアカーオを称賛。ブアカーオも重たいローキックと腹部へのヒザでラウンド後半は盛り返した。

第2ラウンド、肩を揺らして息をする両者。ケージに追い込んだブアカーオは左のボディを放つと、左右のヒザを打ち込み木村の腰が落ちた。試合再開後、ケージを背負う木村へローキックを放つ。直後に顔面にワンツーを打ち込むと木村は崩れ落ち、レフェリーストップとなった。途端に会場からは大歓声が上がり、“生ける伝説”ブアカーオが衰えることのない実力を発揮し観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

試合後のマイクでは「はい、オハヨウゴザイマス!」と日本語で挨拶。「私はまだ強いです、アリガトウゴザイマス」と語った。その後、試合を見守っていた安保瑠輝也が登壇し「もう一回俺と戦ってくれませんか?決着付けましょう」と宣戦布告、ブアカーオは「OK」と回答。次戦は安保との一戦になりそうだ。

会場を後にする木村の姿に、皇治は「心を強くしてほしい」と苦言を呈した。ブアカーオは2019年10月にクリス・ナギンビに1ラウンドKO勝ちを収めて以来、約4年半ぶりのKO勝利となった。

◆【実際の動画】皇治も感激「やっぱりかっこ良いですね、ブアカーオ……」強烈ワンツーに沈んだ木村ミノルに、レフェリーストップ! 観客からの大歓声&拍手を受け、ブアカーオが咆哮

◆【動画あり】「寝技の展開まったくなし」ホベルト・サトシ・ソウザの“103秒殺”に実況席も騒然…… 「ハイキックでスタンドKO」

Advertisement


◆【速報】「平本蓮に絶対にやり返す」YA-MANが心機一転、“KO必至”怪物くんとの対戦へ「週3キャバクラでは強くなれない……」

(A.Kudo/SPREAD編集部)