Advertisement

早田ひなが平野美宇相手に見せた“変化”「今後の成長につながる」 パリ五輪でエース担う23歳が止めない進化【Tリーグ】

 

早田ひなが平野美宇相手に見せた“変化”「今後の成長につながる」 パリ五輪でエース担う23歳が止めない進化【Tリーグ】
早田ひな 撮影:SPREAD編集部

ノジマTリーグ 2023-2024シーズン」は23日、女子のプレーオフファイナルが行われ、レギュラーシーズン2位の日本生命レッドエルフが、同1位の木下アビエル神奈川と対戦。3-0で勝利し、2年ぶりの優勝を果たした。

◆「ここがリベンジする場」早田ひな、平野美宇撃破で2年ぶりV導く 「日本生命にいて良かった」と笑顔で感謝

■大黒柱としてチームをけん引

2日間にわたるプレーオフで優勝に貢献したのが早田ひな

日本ペイントマレッツ戦とのセミファイナルではシングルスで2連勝し、村上恭和総監督に「Tリーグで大事な試合で勝ってきたのは早田」「うちのセオリー通り」と言わしめたエース。KA神奈川とのファイナルでも、平野との“黄金世代対決”を制し、優勝に導いた。

そんな早田だが、平野との試合では「2回くらいネットで、自分のタイミングがうまくつかめなくなった」と試合後に語った通り、第3ゲームで相手に押し込まれる展開も見られた。そんななか見せたのがサービスの変化で、バックサーブを繰り出す場面があった。

Advertisement


このサービスについて問うと、狙いは「状況の打開」と「今後に向けてのトライ」の2点。「タイミングを変えようと思ってのひとつの選択肢でもありますし、それがうまくいってもいかなくても自分の今後の成長につながる」とポジティブな変化で、より良い選択肢を求める早田の意識が感じられた。

サービスについては「いろいろ考えてはいるんですけど、それをどこで使うか」と状況に応じた使い分けが重要と述べ、「世界で勝っていくために、自分が今いる位置からより殻を破っていくためには大事かなと思う」と語っている。

日本生命に2年ぶりのTリーグ制覇をもたらした早田だが、夏にはパリ五輪という自身初の大舞台も控えている。日本のエースに成長した23歳がさらなる飛躍を求めてまい進していく。

Advertisement


◆笹尾明日香、麻生麗名、赤江夏星がPO制覇に導く 日本生命を支えた面々に指揮官も高評価「彼女たちが良いのは……」

◆早田ひな、孫穎莎も評価した成長の跡「勝てて幸運だった」 世界女王が見せた振る舞いも注目「握手の際にラケットで……」

◆早田ひなは「孫穎莎を追い抜くかもしれない」 中国メディアが警戒 伊藤美誠、平野美宇との違いも分析「彼女は明らかに…」

取材・文●井本佳孝(SPREAD編集部)

おすすめPR

META POG

Advertisement



Advertisement