垣永真之介がマスコットに抱きつかれ「母性が爆発しました」…ラグビーW杯PRイベント

5月12日、都内でラグビーW杯のPRイベントが開催された。

このイベントには大会ドリームサポーターの伊藤華英さんと織田信成さん、大会アンバサダーの伊藤剛臣さんと武井壮さんが参加。また、サントリー・サンゴリアスに所属する小野晃征選手と垣永真之介選手、そして小池百合子都知事らも出席した。

武井壮も思わず脱帽

武井さんはイベント中に「身体能力的には日本一ラグビーに向いているタレントだと自負しています」とコメント。実際にラグビーを体験するデモンストレーションに参加した。

武井さんは小野選手とのスクリューパスに挑戦。しかし、ボールへきれいな回転をかけることには苦戦していた。

対して小野選手はワンハンドでスクリューパスを投げる技「 バックフリップパス」を披露。これには身体能力の高い武井さんもキャッチに大苦戦。小野選手が投げたパスはどれもきれいな回転がかかっており、武井さんも脱帽といった様子だった。

力自慢っぷりをアピールするも…

このPRイベントのトリを飾ったのは、3対3で行うタックルなしの擬似戦。ここでは垣永選手の存在感が際立った。

垣永選手はチームではプロップとして活躍。プロップは相手選手と直接組み合うポジションであり、パワーが求められる。

垣永選手も「プロップは前方後方合わせ約1.3トンの力が押し寄せるポジション」「 だから、私生活でなにか1.3トンの衝撃を受けても耐えられる自信がある」と語り、力自慢っぷりをアピールしていた。

そんな垣永選手は、大会公式マスコットキャラクターであるレンとジー・武井さんによる「チーム・百獣の王」と対戦。垣永選手の迫力には武井さんも圧倒されるかと思えた。

しかし、模擬戦でトライを決めたのは「チーム・百獣の王」武井さん。垣永さんによると、可愛らしいマスコットキャラクターに抱きつかれてしまい「 思わず母性が爆発しました」と力が入らなかった様子だった。

マスコットをかわいがる垣永選手の満面の笑みには、登壇者たちから「どっちがマスコットなのかわからない」とツッコミの声も挙がっていた。

≪関連記事≫

大怪我を乗り越えて…「焦っても仕方がない」を知った庭井祐輔が見るラグビー

満員電車で通勤した日々も…元サラリーマン選手、庭井祐輔がプロ転向するまで

大西将太郎がW杯を盛り上げる「にわかでも、せっかく自国で開催される数少ない機会なので見てほしい」

「リーチ・マイケルは声が小さい」中川家がラグビー選手の素顔を暴露

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします