Advertisement

【桜花賞/危険な人気馬】前走重賞ウイナーを“消し” 馬券内率4.7%の不安材料に加えて「血の克服も命題」

 

【桜花賞/危険な人気馬】前走重賞ウイナーを“消し” 馬券内率4.7%の不安材料に加えて「血の克服も命題」

今週は、3歳牝馬三冠レースの第1弾、第84回桜花賞(GI、芝1600m)が阪神競馬場で行われる。

今年は、昨年の阪神JF覇者アスコリピチェーノを中心に、チューリップ賞を制したスウィープフィート、フィリーズレビュー勝ちのエトヴプレ、アネモネSを制したキャットファイトと、トライアルを制した馬が揃い踏み。加えて、クイーンズウォークチェルヴィニアステレンボッシュといった、重賞実績のある馬にも注目が集まり、抜けた存在のいない混戦模様を呈している。

そんな中、桜花賞歴代最多5勝の武豊が騎乗するスウィープフィートが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【桜花賞2024予想/特集】出走予定・枠順、予想オッズetc.「本賞金1000万円が出走ボーダーライン」 お役立ち馬券攻略ガイド

■チューリップ賞勝ち馬は鬼門の桜花賞

デビューから5戦、永島まなみが騎乗し、阪神JFにも駒を進めたスウィープフィート。前走のチューリップ賞で武豊を鞍上に迎えると、直線で大外一気の豪脚を繰り出し、鮮やかな勝ちっぷりで桜花賞戦線に名乗りを上げることとなった。勝ち時計1分33秒1は、2016年シンハライトに続くレース史上2番目の速さで、本番でも大いに期待が高まる。

しかし、近年の桜花賞では、実力馬が前哨戦を使わずに、休養明けで一発回答出来る馬が勝つのがトレンド。2018年アーモンドアイ以降は、トライアルを使われなかった馬が6連勝を果たしており、前哨戦組はやや分が悪い。

特にチューリップ賞組は、GIIに昇格した2018年以降【0.5.3.18】と、複勝圏内には届いているものの、勝ち馬を輩出していない。しかも、本番で2、3着に来るタイプはチューリップ賞敗戦組。勝利した馬は、2019年ダノンファンタジー(1人気4着)や22年ナミュール(1人気10着)など、人気を背負って敗戦するケースが目立っており、スウィープフィートの勝ちっぷりに目が行き、過剰に期待することは禁物だ。

また、スウィープフィートの6戦というキャリアの多さも気にかかる材料。過去10年の桜花賞で、キャリア6戦以上の馬の成績は【1.0.1.41】複勝率4.7%と、好走率は一気に下がる。2017年のレーヌミノルだけが、キャリアの多さを克服して勝利しているが、それ以外の9頭の優勝馬は、キャリア5戦以内で、かつ4着以下に敗れた経験がない馬。すでに6戦し、GI阪神JFとはいえ7着に敗れている経験のあるスウィープフィートが勝つのは、かなり難易度が高いと言わざるを得ない。

Advertisement


GI3勝スイープトウショウの血を引く本馬だが、振り返るとその名牝もチューリップ賞を制して桜花賞へ臨むものの、5着に敗れており、血の克服も命題。レジェンド武豊の手綱捌きに期待したいところだが、近年のトレンドを無視するわけにはいかず、人気ほどの妙味はないと考え、今回は思い切って「消し」でいきたい。

桜花賞2024 予想コラム一覧

馬券攻略

【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc.「追い切り評価はアスコリピチェーノとチェルヴィニアで明暗」 お役立ち馬券攻略ガイド

【まとめ】芸能人・予想家の「桜花賞2024」本命・注目馬予想まとめ

【まとめ】「桜花賞2024」大口投票パトロール ステレンボッシュの複勝に100万円か

【高配当メソッド】単勝1倍台の1人気でも“わずか2勝”で3連単「23万馬券」など 堅め決着も逆転あり

追い切り診断

【追い切り診断】ステレンボッシュを超える「S」評価 GI舞台にふさわしい“抜群”の攻め気配

【追い切り診断】アスコリピチェーノを上回る「A」評価 「大先輩を子供扱い、勝ち負けできる状態」

Advertisement


【追い切り診断】前走以上の大仕事があっても……フロック視“禁物”の想定15人気前後を「高評価」

【追い切り診断】世代上位の阪神JF好走馬に辛口「B」評価 「ギリギリの帳尻合わせに不満」

データ分析・過去傾向

【データ攻略】想定6人気以下でも”ベタ買い推奨” 単勝回収値「1005」で目論む阪神JF組への下剋上

【データ攻略】サンデーR所属馬に「83 or 0%」の明暗 “消し”ジャッジの想定3人気内馬は

【全頭診断】歴代三冠馬にも当てはまる「3.1.0.0」鉄板級データ アスコリピチェーノは“単勝”の不安あり

【枠順傾向】アスコリピチェーノに“馬券内率60%” ステレンボッシュなど6枠より外はマイナス

【前走ローテ】アスコリピチェーノに“鉄板”条件 チューリップ賞組は「2着以下」に穴妙味

【血統予想】「馬券内率71%」で女王戴冠へ “阪神JF未出走”組に馬券軸推奨の特注データ

穴馬予想・その他コラム

【穴馬アナライズ】「前走は着差以上に強い、好枠から粘り込めば高配当の使者になる」 想定“8人気”前後の穴馬

【穴馬アナライズ】「末脚は一級品、実績不足を補うだけのポテンシャルを秘めた1頭」 単勝オッズ15倍超の伏兵

注視すべき“6番人気の単勝オッズ” 特定条件で「的中率75%・回収率100%超え」の券種とは

「関西馬30勝、関東馬8勝」の歴史 現3歳牝馬で1歩リードのアスコリピチェーノに暗雲も……

◆著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。