Advertisement

【桜花賞/データ攻略】想定6人気以下でも”ベタ買い推奨” 単勝回収値「1005」で目論む阪神JF組への下剋上

 

【桜花賞/データ攻略】想定6人気以下でも”ベタ買い推奨” 単勝回収値「1005」で目論む阪神JF組への下剋上

今週は阪神競馬場で桜花賞(芝1600m)が行われる。リバティアイランドやスターズオンアース、ソダシなど近年の勝ち馬はまさしく豪華絢爛。先々の古馬戦線を占う意味でも注目したい一戦だ。

ここでは、過去10年からコラソンビートセキトバイーストにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【桜花賞2024予想/追い切り診断】ステレンボッシュを超える「S」評価 GI舞台にふさわしい“抜群”の攻め気配

■コラソンビートに「3.0.2.1」好走データ該当

3連勝で牡馬混合重賞・京王杯2歳Sを制した昨年。返す刀で臨んだ阪神ジュベナイルFも3着と大崩れしなかったのがコラソンビートだ。積み重ねた実績から単勝1倍台の支持を集めた前走フィリーズレビューはまさかの黒星。早熟か……そんな声も囁かれるなか、前述の単勝オッズに関する好走データを発見した。

・前走重賞で1番人気2着馬【3.0.2.1】

この条件での馬券内率は83%。レーヌミノルやスターズオンアースといった人気薄も勝利を収めており、その単勝回収値は驚異の「1005」を示している。まさにベタ買い推奨のデータと言えるだろう。

コラソンビートについて補足すると、この中間は栗東滞在を敢行。長距離輸送へのリスクをあらかじめクリアしたことで調整はしやすくなっていることだろう。将来的には1400m以下が主戦場になりそうではあるものの、ナムラクレアや前述のレーヌミノルなど、この時期の3歳同士なら距離はこなせる。ハイレベルと謳われた阪神ジュベナイルF組で狙うなら断然この馬だ。

■セキトバイーストに【0.1.0.10】の“0%”データ

その一方で、前走チューリップ賞2着から臨むセキトバイーストには不安材料がのしかかる。ハイペースの差し決着にもかかわらず、逃げる競馬で連対圏を確保した前走は優秀な内容。再度の好走が期待される1頭だが、当時の馬体重が好走へのハードルを引き上げる。

Advertisement


・前走馬体重がマイナス10キロ以上 【0.1.0.11】

馬券内は桜花賞・秋華賞と3歳牝馬GIで2度馬券内に入ったシゲルピンクダイヤに限定。クイーンズリングやラブリイユアアイズ、ハーパーといった馬がことごとく凡走を喫した“勝率ゼロ”データだ。

単騎逃げが叶った前走とは異なり、今回はフィリーズレビューを逃げ切ったエトヴプレをはじめ先行したいクチが多数出走するメンバー構成。展開としては厳しいものになりそうだ。その脚質から今後何度も穴をあける匂いがプンプンするものの、それは次走以降のお楽しみにとっておくのがベターなのかもしれない。

桜花賞2024 予想コラム一覧

馬券攻略

【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc.「追い切り評価はアスコリピチェーノとチェルヴィニアで明暗」 お役立ち馬券攻略ガイド

【まとめ】芸能人・予想家の「桜花賞2024」本命・注目馬予想まとめ

【まとめ】「桜花賞2024」大口投票パトロール ステレンボッシュの複勝に100万円か

【高配当メソッド】単勝1倍台の1人気でも“わずか2勝”で3連単「23万馬券」など 堅め決着も逆転あり

Advertisement


追い切り診断

【追い切り診断】ステレンボッシュを超える「S」評価 GI舞台にふさわしい“抜群”の攻め気配

【追い切り診断】アスコリピチェーノを上回る「A」評価 「大先輩を子供扱い、勝ち負けできる状態」

【追い切り診断】前走以上の大仕事があっても……フロック視“禁物”の想定15人気前後を「高評価」

【追い切り診断】世代上位の阪神JF好走馬に辛口「B」評価 「ギリギリの帳尻合わせに不満」

データ分析・過去傾向

【データ攻略】サンデーR所属馬に「83 or 0%」の明暗 “消し”ジャッジの想定3人気内馬は

【全頭診断】歴代三冠馬にも当てはまる「3.1.0.0」鉄板級データ アスコリピチェーノは“単勝”の不安あり

【枠順傾向】アスコリピチェーノに“馬券内率60%” ステレンボッシュなど6枠より外はマイナス

【前走ローテ】アスコリピチェーノに“鉄板”条件 チューリップ賞組は「2着以下」に穴妙味

【血統予想】「馬券内率71%」で女王戴冠へ “阪神JF未出走”組に馬券軸推奨の特注データ

穴馬予想・その他コラム

【穴馬アナライズ】「前走は着差以上に強い、好枠から粘り込めば高配当の使者になる」 想定“8人気”前後の穴馬

【穴馬アナライズ】「末脚は一級品、実績不足を補うだけのポテンシャルを秘めた1頭」 単勝オッズ15倍超の伏兵

注視すべき“6番人気の単勝オッズ” 特定条件で「的中率75%・回収率100%超え」の券種とは

「関西馬30勝、関東馬8勝」の歴史 現3歳牝馬で1歩リードのアスコリピチェーノに暗雲も……

【危険な人気馬】前走重賞ウイナーを“消し” 馬券内率4.7%の不安材料に加えて「血の克服も命題」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。